東福寺(京都)
?評価について

京都 東福寺
新緑も美しい、京都随一の
紅葉の名所

京都随一の紅葉スポットとも言われている東福寺。毎年紅葉シーズンになると、全国から訪れた多くの観光客でにぎわいます。その由緒正しきお寺には、数多くの建造物や文化財・園庭など見どころが満載で、家族旅行やカップルのデートで訪れても楽しめること間違いなしです。

この記事では、東福寺の歴史や見どころスポット・紅葉情報などをまとめてご紹介します。

この記事を読むことで、東福寺の魅力をより身近に感じることができます。

01. 最古の方丈建築、
東福寺の歴史

日本最古の方丈建築である東福寺。臨済宗東福寺派大本山の寺院で、山号を慧日山(えにちさん)と言います。東福寺はどのようにして建てられ現在の姿になったのか? その歴史を簡単に見てみましょう。

完成までに19年を費やした

東福寺の建立は1255年。摂政の九条道家が、祖父である兼実の菩提寺として高さ約15mの釈迦(しゃか)像を安置する寺院を発願したのが始まりです。1236年に工事を開始してから、実に19年もの年月をかけて完成しました。名称は奈良の東大寺と興福寺から1字ずつ取り、東福寺となりました。

相次ぐ火災による焼失と再建

1319年・1334年・1336年と発生した度重なる火災によって、東福寺は建物の大部分を焼失してしまいます。1336年の火災発生後4か月目には復興に向けて着手し、1346年に前関白一条経道により仏殿の上棟が行われ、再び元の姿を取り戻しました。

近代に入ってからも火災が発生

近代に入って1881年にも大火があり、仏殿・法堂・方丈などがこのとき焼失しています。そのため、現在の本堂・方丈・庫裏などは明治以降の再建です。ただし、国宝の三門を始め、東司・浴室・禅堂などは焼け残り、中世の建物が現存しています。

東福寺が輩出した多くの名僧たち

東福寺は、歴代多くの名僧を輩出しています。『元亨釈書(げんこうしゃくしょ)』の著者である虎関師錬(こかんしれん)・室町時代に画僧として活躍し、その後の仏画や水墨画に大きな影響を及ぼした吉山明兆などが有名です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所