小田原

小田原観光
海と山に囲まれた歴史ある
城下町

神奈川県の西部に位置する小田原市。歴史ある城下町としても知られており、観光スポットとしても人気のある街です。小田原城をはじめ公園・記念館などが多く、1年を通してさまざまなイベントが開催されています。お子様連れの家族旅行からカップルのデートまで、幅広い楽しみ方ができるエリアです。

この記事では、そんな小田原市の人気観光スポットやグルメ情報などをご紹介します。ぜひ、小田原観光のコース作りにお役立てください。

この記事を読めば、小田原市の知られざる魅力に気づくことができます。

01. 日本の歴史公園100選、
小田原城址公園

小田原市城内に位置する都市公園、小田原城址公園内にはどのような施設があるのでしょうか? ここでは、小田原城址公園内の人気スポットを一つ一つ解説していきます。

小田原城

小田原城(小田原)

北条氏が拠点にしていた城 小田原城

小田原城は、戦国武将・北条氏が拠点にしていた城です。かつては「難攻不落の城」と呼ばれた小田原城。後に幕府の直轄となり、明治維新後の1870年に廃城となりました。2015年7月から行われた「平成の大改修」を終えた天守閣が、今年5月に公開。外装とともに展示も一新されました。中でも注目は最上階で、江戸時代の天守閣の一部が再現されています。また、宿場町として栄えた小田原についても紹介されているため、必見です。

小田原城 詳細・アクセス情報

こども遊園地

小田原城址公園内には、こども遊園地があります。昭和25年開園の遊園地であり、園内を走る豆汽車や小型のメリーカップ・豆自転車のほか、ゲームセンターなどにある自動有器具が10種類ほど。決して多くはありませんが、小さなお子様には十分楽しめる内容となっています。いずれも100円以内で遊べるのが魅力!親御さんにとってもうれしい遊園地ですよね。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市城内地内3-22
電話番号:0465-23-1373
営業時間:9時〜16時

小田原城歴史見分館

小田原城二の丸にある歴史博物館です。小田原城の歴史を模型や音声・映像を使って紹介しています。また、宿場町として栄えた当時の街並みも再現。館内は「ウェルカムゾーン」「北条五代ゾーン」「江戸時代ゾーン」「小田原情報ゾーン」という4つのゾーンで構成されています。小田原城天守閣との共通券も販売されており、セットで見るのなら別々に買うよりも100円お得です。小田原城や小田原を統治した北条家の歴史を簡単に学ぶことができます。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市城内6-1
電話番号:0465-22-5795
営業時間:9~17時
入館料:大人 300円・小中学生100円
(小田原城天守閣との共通券:大人600円・小中学生200円)

02. 大人も子供も楽しめる!
公園・自然スポット

小田原には自然が広がるスポットや子供も楽しめる公園がたくさんあります。その中でも人気の高いスポットをいくつか紹介しましょう。小さなお子様のいるご家族連れにもおすすめです。

小田原フラワーガーデン

小田原フラワーガーデン(小田原)

小田原フラワーガーデン

小田原フラワーガーデンは1995年にオープンしました。「花と緑を楽しめる公園」がテーマの公園です。園内では、小道を歩きながらさまざまな草花を観賞できるようになっています。春は桜やチューリップ、梅雨期にはアジサイや花菖蒲(はなしょうぶ)、夏にはポピー。そして、秋から冬にかけてはアメジストセージや梅というように、まさに一年をとおして楽しめる公園です。

小田原フラワーガーデン 詳細・アクセス情報

小田原こどもの森公園わんぱくらんど

小田原こどもの森公園わんぱくらんど(小田原)

小田原こどもの森公園わんぱくらんど

自然豊かな敷地の中で、さまざまな遊びを体験できます。複合遊具やすべり台・芝生広場や水遊び用の小川などがあり、オールシーズン楽しめる公園です。乗馬やヤギ・羊へのエサやりなど、動物とのふれあいが体験できるのもこの公園の魅力!

園内には、こども列車「なかよし号」やロードトレイン「わくわく号」などが走っており、乗り放題のフリーパスも販売されています。いずれも列に並ぶことなく乗ることができるので、特に小さなお子様のいるご家族連れにはおすすめです。

小田原わんぱくらんど 詳細・アクセス情報

石垣山一夜城歴史公園

一夜城歴史公園(小田原)

一夜城歴史公園

石垣山一夜城は、かつて小田原攻めの際に、豊臣秀吉が一夜で築いたといわれる城です。正式名称を史跡石垣山といい、地元では一夜城と呼ばれ親しまれています。関東初となる総石垣造りの城としても有名です。

1959年に国の史跡に指定され、現在は歴史公園としなっています。公園内には展望台が設置されており、晴れた日には三浦半島や房総半島を望むことができる景観スポットとしても人気です。

石垣山一夜城歴史公園 詳細・アクセス情報

御幸の浜

御幸の浜(小田原)

御幸の浜

御幸の浜小田原の中でも特に景色が良いと評判の海岸です。晴れた日には、伊豆半島や三浦・房総半島を見渡すことができます。1873年、明治天皇・皇后が訪れ漁師の地引網見学に訪れたたことを記念して「御幸の浜」と名付けられました。

小田原駅から徒歩15分とアクセスも良好で、毎年夏になると多くの人で賑わいます。近くには市営の海水プールもあるため、波の高い日でも安心です。

御幸の浜 詳細・アクセス情報

辻村植物公園

辻村植物公園は、昭和61年に市の植物公園としてオープンしました。地元の辻村農園と梅林を整備して作られており、起伏のある地形が特徴です。外国産の樹木も多く栽培されており、異国情緒な雰囲気が漂います。

敷地内の梅林は毎年2月下旬から3月上旬にかけて花が開き、560本もの梅が一斉に開花した様子は圧巻です。小田原城址公園や小田原フラワーガーデンと並ぶ梅の名所として大変人気があります。

辻村植物公園 詳細・アクセス情報

八幡山古郭東曲輪

かつて小田原城を構成していた史跡の一つで、平成22年に歴史公園として一般に公開されました。小田原城天守閣を見下ろす高台にあり、芝生広場から見る天守閣越しの相模湾は絶景です。

初日の出の撮影スポットとしても有名で、お城と朝日の美しい光景を堪能することができます。平成22年に一般開放されたばかりの比較的新しい観光スポットですが、今後、小田原の景勝地としてさらに有名になっていくこと間違いなしです。

八幡山古郭東曲輪 詳細・アクセス情報

めだかの学校

めだかの学校(小田原)

めだかの学校

荻窪用水の脇に作られた親水公園で、童話作家の茶木滋氏が荻窪用水をモデルに童謡「めだかの学校」を作詞したことからこの場所に作られました。小川に水を引く水車小屋や散策路が整備されているほか、「めだかの学校」の歌詞を刻んだ歌碑も設置されています。めだかの棲む小川と水車小屋という趣のある情景は大変美しく、ぜひ足を運んでもらいたいスポットの一つです。

めだかの学校 詳細・アクセス情報

03. 小田原の歴史に迫る!
博物館・記念館・邸園

小田原には博物館や記念館・邸園なども多く、さまざまな歴史に触れることができます。中でも人気の高いスポットをいくつかピックアップしました。小田原の歴史に興味のある方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

古稀庵

古稀庵(こきあん)は、明治時代に二度首相を務めたことでも知られる山縣有朋(やまがたありとも)が、70歳のときに作った別荘です。普段はあいおいニッセイ同和損害保険株式会社の研修所として利用されていますが、日曜日の午前10時から午後4時までの間、一般公開されています。

見どころは、なんと言っても美しい庭園です。山縣は築庭構想の名手として評価が高く、山縣が残した庭園は、古稀庵を含め「近代日本庭園の傑作」と言われています。水の流れる音と相まって、心地よさを誘うスポットです。

古稀庵 詳細・アクセス情報

清閑亭(旧・黒田長成邸)

明治時代に活躍した政治家、黒田長成(ながしげ)の別邸として、1906年に建てられました。母屋からは、南に相模湾・西に箱根山が見え、その先にある真鶴半島や大島を一望に収めることができます。建物内に残る板絵襖や網代組天井などの豪華な意匠も見どころです。黒田長成侯爵の命日にあたる8月14日には「桜谷忌」が開催され、黒田長成を偲ぶ日となっています。

清閑亭(旧・黒田長成邸) 詳細・アクセス情報

小田原文学館

小田原文学館(小田原)

小田原文学館

建物は元宮内大臣・田中光顕の別邸を使用しています。北原白秋や尾崎一雄など、小田原ゆかりの文学者たちの原稿や初版本などを展示。

小田原文学館 詳細・アクセス情報

松永記念館

小田原市郷土文化館分館として無料で公開されています。茶人・松永安左エ門の自宅庭に建てられた記念館です。庭園は日本の歴史公園100選にも選ばれており、四季を通じてさまざまな花を観賞することもできます。

松永記念館 詳細・アクセス情報

尊徳記念館・二宮尊徳生家

二宮尊徳生家(小田原)

二宮尊徳の生家

二宮金次郎としても有名な小田原の偉人、二宮尊徳の功績を後世に伝えるために作られた記念館です。施設内には多くの遺品や肖像画・自筆の手紙などが展示されており、二宮尊徳の生涯や偉業について学ぶことができます。

敷地内には尊徳が16歳まで実際に住んだと言われる生家が保存されており、無料で見学可能です。江戸時代の農機具なども展示されており、当時の農家がどのような暮らしをしていたのかも知ることができます。

尊徳記念館・二宮尊徳生家 詳細・アクセス情報

神奈川県立生命の星・地球博物館

地球や生命をコンセプトにした展示が行われている博物館です。地球展示室・生命展示室・神奈川展示室・共生展示室の4エリアで構成されています。隕石や古代生物・恐竜などの標本や模型が1万点以上も展示されており、小さなお子様にも人気の博物館です。

ミュージアムライブラリも併設されていて、2万件以上の自然史系図書・雑誌も自由に閲覧できます。ここでしか読むことのできない本もたくさんありますので、自然について学びたいという方にもピッタリです。お子様の自由研究の参考にもなります。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市入生田499
電話番号:0465-21-1515
営業時間:9〜16時30分
入館料
20歳以上65歳未満(学生を除く) 520円
15歳以上20歳未満・学生(中学生・高校生を除く) 300円
高校生・65歳以上 100円
中学生以下 無料
公式サイトhttp://nh.kanagawa-museum.jp

小田原板橋・内野邸

明治時代に醤油醸造業を営んでいた内野家の邸宅跡地です。敷地内には、店舗兼住宅・文庫蔵・穀蔵・工場などが残されています。1980年の廃業以降は住居となり、2011年ごろまで普通に使用されていたということです。今となっては貴重ななまこ壁や石造アーチがそのまま残されており、歴史的建造物としても人気を集めています。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市板橋602

小田原宿なりわい交流館

なりわい交流館(小田原)

なりわい交流館

関東大震災で被害を受けた旧網問屋を再建した建物で、市民や観光客の憩いの場としてオープンしました。1階は無料の休憩所で、お茶も無料提供しています。2階は各種イベント会場として利用することが可能です。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市本町3丁目6-23
電話番号:0465-20-0515
営業時間:9〜18時

04. 小田原の由緒ある
神社・寺院

小田原の神社や寺院をご紹介します。パワースポットとして注目を集めているものもあるのでぜひチェックしてみてください。

石橋山古戦場・佐奈田霊社

佐奈田霊社(小田原)

佐奈田霊社

源頼朝が挙兵した最初の合戦の戦場だった場所です。石橋山古戦場には、源頼朝の挙兵に参陣した佐奈田与一を霊神とする佐奈田霊社が建てられています。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市石橋188
電話番号:0465-22-8554

長興山紹太寺

小田原藩主であった稲葉一族の菩提寺です。境内にあるしだれ桜が有名で、小田原市の指定天然記念物にも指定されています。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市入生田303
電話番号: 0465-22-7760

玉宝寺(五百羅漢)

玉宝寺(小田原)

玉宝寺

1534年、小田原北条氏の家臣が母の供養のために開いた曹洞宗のお寺です。本堂にはさまざまな顔を持つ計526体の羅漢像が祀られています。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市扇町5丁目1-28
電話番号:0465-34-3247

飯泉山勝福寺(飯泉観音)

真言宗東寺派の寺院です。現在の本堂は1706年に再建されたもので、山号は飯泉山。十一面観音を本尊とし、坂東三十三箇所観音霊場の第5番札所に指定されています。

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市飯泉1143
電話番号:0465-47-3413

05. 小田原の
おすすめ観光スポット

小田原の魅力は小田原城や寺院だけではありません。ほかにもおすすめしたいスポットがいくつかあります。小田原に来たら一度は見ておきたいスポットを紹介しましょう。

小田原漁港

小田原漁港は、もともと陸地でした。そこを掘り込み式で整備した珍しい漁港です。
小田原漁港の一角で行われる朝市は、隠れたおすすめスポットと言えます。人気は何といっても安さと新鮮さ。朝獲れの新鮮な金目鯛や石鯛・サバ・生しらすなどが、スーパーの半額程度の値段で買うことができます。漁港の2階には食堂があり、港で獲れた新鮮な魚を食べることも!

アクセス情報
住所:神奈川県小田原市早川

豆相人車鉄道

かつて小田原と熱海を結んでいた鉄道であり、明治29年に営業を開始しました。その名の通り人が客車を押して線路上を運行するもので、一両あたりの旅客数は6~8人。大正天皇が皇太子時代に熱海を訪れた際も、この人車鉄道を利用したという記録があります。その廃線跡では、数々の案内板や復元されたレプリカ車両などを見ることができ、観光客や鉄道廃線ファンに人気です。

北条早雲像

小田原駅の西口には、北条氏の初代・北条早雲の像があります。類まれな才知を持って大名に上り詰めたと言われる人物です。この像は、小田原城を攻め落としたときの様子を描いたもの。騎馬に乗った北条早雲の周囲には、角にたいまつを付けた牛がいます。

06. 小田原を楽しめる
人気イベント

小田原では、一年をとおしてさまざまなイベントが開催されています。季節ごとに楽しむことができるイベントにぜひ参加してください!

曽我別所梅まつり

別所梅林(小田原)

曽我別所梅まつり

小田原では、有名な梅まつりが開催されています。その会場となる曽我梅林には、約3,5000本もの白梅が植えられているのです。約600年前、小田原では梅の実を戦の際の食料にしていました。そのため、梅の木が大量に植えられたということです。そして、40年ほど前から地元農家の方たちによって梅まつりが開催されています。
この「曽我別所梅まつり」は例年1月下旬から3月上旬の間に開催され、十郎・白加賀・杉田などさまざまな種類の梅の花を見ることができるのが魅力です。

小田原桜まつり

桜の季節になると、小田原市内各所で「小田原桜まつり」が開催されます。特に注目なのが小田原城天守閣周辺に植えられた約320本のソメイヨシノ。桜の開花に合わせてぼんぼりの点灯や桜のライトアップも行われます。幻想的な夜桜を堪能するために、毎年大勢の人が足を運んでいるということです。桜まつりの開催期間は3月下旬~4月上旬であり、この時期は小田原城天守閣の開城時間も延長されます。

小田原おでんサミット

小田原で有名な老舗かまぼこ店のおでん種を使った「小田原おでん」をはじめ、全国のおでんを楽しむことができるのが「小田原おでんサミット」です。開催場所は小田原城址公園二の丸広場。「小田原桜まつり」と同時期に開催されます。定番から新作まで、さまざまなおでんを食べ比べてみてはいかがでしょうか?

一夜城まつり

小田原の秋の風物詩とも言えるイベントが「一夜城まつり」です。石垣山一夜城は、豊臣秀吉が小田原攻めのために築いた城。小田原合戦にまつわるエピソードを元にした多彩なイベントが開催されています。開催時期は10月中旬。場所は石垣山一夜城歴史公園です。

小田原酒匂花火大会

8月上旬に酒匂川で開催される花火大会では、6000発の花火が打ち上がります。花火と音楽がシンクロする、ストーリー性のある花火大会は必見!河原にはたくさんの屋台が出店し、花火大会ならではのB級グルメを楽しむこともできますよ。

07. 小田原の
おすすめグルメ

せっかく小田原に行くなら、おいしいグルメも要チェックです。おすすめのランチやディナーが楽しめるレストランや気軽に立ち入ることのできるカフェをいくつかご紹介しましょう。

蕎麦 月読

落ち着いた雰囲気の店内では、自家製粉の十割蕎麦を堪能することができます。その歯ごたえとのど越しのよさは、やみつきになること間違いないでしょう。おすすめメニューの「天せいろ」は、大きめのエビとみょうがの天ぷらが絶品です!行列のできる人気店であるため、余裕を持って行くことをおすすめします。

アクセス情報
住所:小田原市栢山2222-3
営業時間:11時30分~15時・17時30分~20時30分
定休日:月曜日

一夜城 ヨロイヅカファーム

石垣山一夜城歴史公園に隣接する、パティシエの鎧塚俊彦シェフのお店です。相模湾を一望できる高台にパティスリーとマルシェ・レストランがあり、それぞれ鎧塚氏のレシピで作られたメニューが用意されています。妻である川島なお美さんが「天国に一番近いファーム」と命名した店内では、大自然の中でおいしい料理とスイーツを堪能することができるのです。

アクセス情報
住所:小田原市早川1352-110
営業時間:10~19時
定休日:火曜日

うなぎ亭 友栄

ミシュランガイドで星1つを獲得しているという人気のうなぎ屋さんです。清潔感あふれる店内で食べる肉厚なうなぎと濃厚なタレはまさに絶品!接客のクオリティも非常に高く、気持ちよく食事を楽しむことができます。

アクセス情報
住所:小田原市風祭122
営業時間:11~18時
定休日:木・金曜日

08. 小田原の
おすすめホテル情報

ゆっくりと小田原観光を楽しむためには、宿泊先選びも重要なポイントになります。小田原観光におすすめのホテルをご紹介しましょう。

ヒルトン小田原リゾート&スパ

独立型コテージ10棟のほか、スイートルーム・和洋室・ヒルトンルームがあります。天然温泉大浴場やエステサロン・岩盤浴もあるため、ゆっくり楽しみたい人におすすめです。全室オーシャンビューになっているため、相模湾を一望することができますよ。箱根や熱海・伊豆などへのアクセスにも便利!

アクセス情報
住所:小田原市根府川583-1
電話:0465-29-1000

離れのやど 星ヶ山

高台に建てられた離れのログハウスです。「ほかの宿泊客に気兼ねすることなく過ごしたい」という人にぴったり!大勢でにぎやかに楽しみたい人にも、のんびりとプライベート空間を満喫したい人にもおすすめです。おすすめは露天風呂つきのログハウスで。夜には星空を眺めながらお風呂に入ることができます。

アクセス情報
住所:小田原市根府川592
電話:0465-28-1122

ボストンイン小田原

小田原唯一の24時間営業ビジネスホテルです。夜遅くや朝早い時間に動きたい人におすすめ!バロック調の落ち着いた雰囲気は、まるでシティホテルのようです。チェックアウトの際にはジャムサンドとコーヒーのサービスもあり、女性からも人気のホテルとなっています。

アクセス情報
住所:小田原市本町2-8-1
電話:0465-22-3633

09. 小田原観光の
口コミサイト一覧

小田原観光を計画中に役立つのが、実際に小田原観光を体験された方の口コミ情報です。そこで、小田原観光に関する口コミをまとめたサイトをご紹介します。

フォートラベル
日本最大級の旅行コミュニティー・ポータルサイトです。小田原観光に関する口コミが80件以上掲載されています。

トリップアドバイザー
世界最大の閲覧数を持つ旅行口コミサイトです。小田原観光の口コミが1600件以上掲載されています。

じゃらんnet
日本最大級の宿・ホテル予約サイトの口コミページです。小田原周辺の観光に関する口コミが200件以上掲載されています。

10. 小田原観光
お役立ちリンク

小田原観光に役立つ関連リンク集をご紹介します。小田原観光に出かける際は、こちらのサイトをスマートフォンでブックマークしておくと便利です。

小田原市観光協会
小田原の観光情報が集められています。小田原市観光協会が運営するページです。

小田原市公式ホームページ
小田原市公式ホームページの観光に関する紹介です。小田原城をはじめ人気の観光スポット、宿泊情報などが掲載されています。

小田原城さんぽ
小田原城が分かりやすく紹介されているサイトです。小田原城の歴史が詳しく分かります。

11. 小田原観光
まとめ

いかがでしたか? 城下町として栄えてきた小田原市。そこには、隠れた魅力がたくさんあります。歴史や見どころスポットを知り、さらに小田原に興味を持った人も多いのではないでしょうか? 小田原に行く予定のある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所