南禅寺 金地院(京都)
?評価について

京都 金地院
小堀遠州が設計した庭が
唯一残っている寺院

金地院は、哲学の道付近に位置する京都南禅寺の塔頭(たっちゅう)寺院です。塔頭とは、大きな寺院の境内に作られた個別の小さな寺院のこと。紅葉の名所である天授庵南禅院もそのうちの一つです。小堀遠州が造った鶴亀の庭や長谷川等伯の絵画など見どころが多い寺院ですが、いつ訪れても比較的ゆったりと拝観できます。

今回は、金地院の歴史や見どころ、魅力などをご紹介しましょう。

01. 家康の側近が再建した
寺院の歴史

明智門(金地院)

大徳寺から移築された明智門

金地院は室町幕府の4代将軍、足利義持によって応永年間に建立された寺院です。建立当初は北山にありましたが、1605年に徳川家康の側近であった金地院崇伝が現在の場所に移築しました。金地院という名もこの側近にちなんでいます。

金地院崇伝は移築の際、当代随一の茶人であった小堀遠州作に庭の設計を依頼しました。その設計図が今日まで残っています。金地院の庭は遠州が設計したと断言できる数少ない庭です。

家康の側近が再建した縁で、寺院には東照宮もあり家康の遺髪や念持仏(持ち歩きようの仏像)などが奉納されています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所