建長寺
?評価について

北鎌倉 建長寺
座禅体験で心すっきり、
鎌倉を代表する禅寺

鎌倉五大寺の一つでもある建長寺は、鎌倉禅寺の中でも最も格式が高く、鎌倉を代表する観光スポットとして有名です。北鎌倉駅から徒歩15分。桜やアジサイ・紅葉など、四季折々の楽しみ方ができるのも魅力で、見頃になると毎年多くの参拝客でにぎわいます。

この記事では、そんな建長寺の歴史やアクセス情報・見どころなどをまとめてご紹介しましょう。人気の座禅体験会についても詳しく解説していますので、観光だけでなく座禅を楽しみたい方も必見です。

この記事を読むことで、建長寺が人気の高いお寺である理由が分かります。

01. 鎌倉を代表する禅寺、
建長寺の歴史

建長寺は日本に存在する禅寺の中で最も古いお寺です。山号は巨福山(こふくさん)、寺号は建長興国禅寺(けんちょうこうこくぜんじ)となっており、正式名称を巨福山建長興国禅寺(こふくさんけんちょうこうこくぜんじ)と言います。一体、どのように建立され、現在まで歴史を重ねてきたのでしょうか? ここでは、建長寺の歴史や逸話を紹介します。

北条時頼によって創建

1253年、鎌倉幕府の5代執権であった北条時頼は、南宋(なんそう)の僧侶、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を鎌倉に招き、建長寺を創建します。北条時頼は熱心な仏教信者で、禅宗を深く信仰していました。建長寺の創建は、こうした時頼の信仰に基づいたものです。また、当時、外国渡来の最新文化であった「禅」の寺を建てることによって、京都の公家(くげ)文化に対抗しようという意識があったとも考えられます。日本で初めての純粋禅道場が開かれ、多いときには1,000人を超す僧侶が修行に訪れていたと言います。

処刑場の跡地に作られた

現在の境内が広がる場所は、もともと地獄谷と呼ばれる罪人の処刑場でした。敷地内には罪人供養のため地蔵菩薩像を本尊とする心平寺というお寺が建てられていましたが、年月とともに廃寺となり、地蔵像を祀る地蔵堂だけが残ったようです。建長寺仏殿の本尊が地蔵菩薩像となっているのは、こうしたことに由来しています。

けんちん汁発祥の地

建長寺は、けんちん汁発祥の地でもあります。建長寺で精進料理を振る舞っていた際、あまりの来客に食材が不足し、苦肉の策としてつぶした豆腐を野菜と一緒に煮込んで汁物として出したのが始まりです。これが建長汁として評判となり、なまってけんちん汁と呼ばれるようになります。もともと精進料理であったため、肉や魚を使わず、出汁にも昆布や椎茸などが用いられていました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所