天城・河津

天城・河津観光
数々の文人に愛された
歴史を感じる景勝地

天城・河津は、古くから数々の文人に愛され、小説や歌の舞台として度々登場している景勝地です。火山活動によって生まれた神秘的な風景や歴史を感じることのできるスポットなど、見どころがたくさん詰まった観光地として人気を集めています。

そこで、この記事では、天城・河津のおすすめスポットからグルメ・温泉・イベント情報まで、観光に役立つ情報をお届けしましょう。天城・河津観光を計画中の方は必見です。

01. 文人に親しまれた
天城の見どころ

天城には、雄大な自然を味わうことのできるスポットや小説の舞台になったスポットなど、大人から子供まで楽しめる観光地が数多く存在しています。ここでは、その中でも特に訪れておきたい名所をいくつか紹介していきましょう。

八丁池

八丁池(天城・河津)

八丁池

八丁池は「天城の瞳」の愛称で知られる池で、天城連山の西端に位置しています。池の外周が八丁(約600km)あることから八丁池と名付けられました。池の周辺はスズタケに覆われており、青スズの池とも呼ばれています。

国の天然記念物であるモリアオガエルの生息地としても有名で、1930年と1981年には昭和天皇も観察に訪れました。池のほとりには天皇の訪問を記念して建てられた天蹕留蹤碑(てんひつりゅうしゅうのひ)があります。

周囲は天城原生林に囲まれており、豊かな自然を感じることのできるスポットです。野鳥の宝庫としても知られ、一年を通してバードウォッチングを楽しむことができます。

八丁池 詳細・アクセス情報

旧天城トンネル

旧天城トンネル(天城・河津)

旧天城トンネル

旧天城トンネルは、新天城トンネルが開通する1970年までメインで利用されていた静岡県の伊豆市と河津町を結ぶトンネルです。現存する石造道路トンネルとしては日本最長を誇り、今でも通行することができます。小説『伊豆の踊り子』『天城越え』の舞台としても有名です。

新天城トンネルの開通に伴い人や車の通りは少なくなりましたが、昼間は観光目的で訪れた人で賑わっています。2001年には、道路トンネルとして初の国指定重要文化財となりました。

旧天城トンネル 詳細・アクセス情報

浄蓮の滝

浄蓮の滝(天城・河津)

浄蓮の滝

浄蓮の滝は、高さ25m・幅7mの滝で、1万7千年前、鉢窪山の噴火で流れ出した溶岩が本谷川をせき止めたことによってできたと考えられています。日本の滝100選に数えられ、四季を通して多くの観光客が訪れる名勝地です。

石川さゆりさんのヒット曲「天城越え」の歌詞にも登場していることから、滝の脇には歌碑が立てられています。滝の下流にはニジマスやアマゴなどの魚が生息しており、渓流釣りが楽しめるスポットとしても人気です。

浄蓮の滝 詳細・アクセス情報

02. 自然の恵み溢れた
河津の見どころ

河津といえば河津桜が有名ですが、それ以外にも注目すべきポイントがたくさんあります。雄大な自然が生み出した壮大な風景から外国旅行気分を味わえるスポットまで、河津の見どころを見ていきましょう。

峰温泉大噴湯公園

峰温泉大噴湯公園 (天城・河津)

峰温泉大噴湯公園

峰温泉大噴湯公園は、地中から温泉が噴き上がる自噴現象を起こす大噴湯を中心に整備された公園です。この温泉は1926年に掘り当てられ、それ以来、絶え間なく噴出しているといいます。現在は人の手でコントロールされており、自噴現象を見ることができるのは1日に7回、1分ずつです。

公園内には売店や足湯などもあります。売店で販売されているたまごで温泉たまごを作ることもできるので、自噴現象を待っている間、足湯でくつろぎながら温泉たまごを食べているのもよいでしょう。

峰温泉大噴湯公園 詳細・アクセス情報

河津バガテル公園

河津バガテル公園(天城・河津)

河津バガテル公園

河津バガテル公園は、1,100種類・6,000本のバラを楽しむことができるローズガーデンです。2015年に河津町直営として再オープンしました。フランスのパリにあるガバデル公園をモデルにしており、園内に入るとまるでフランス旅行に来たかのような雰囲気を味わうことができます。

敷地内にはバラをテーマとしたカフェも併設されており、バラジュースやバラコーヒー・バラソフトなど、ここでしか味わうことのできないメニューが豊富です。バラの香りには美容・健康成分が多く含まれているといわれ、特に女性に人気となっています。

リードの着用があれば犬の入園もOKなので、愛犬とのお出かけにもピッタリです。飛行犬撮影会など、愛犬と一緒に楽しめるイベントも定期的に開催されています。

河津バガテル公園 詳細・アクセス情報

河津七滝

河津七滝(天城・河津)

河津七滝

河津七滝は、河津川にある7つの滝、大滝・出会滝・かに滝・初景滝・蛇滝・えび滝・ 釜滝の7つを総称した呼び方です。河津では滝のことを「たる」と呼んでおり、七滝は「ななたき」ではなく「ななだる」と読むので注意してください。

滝の周辺には遊歩道が整備されており、2時間ほどで全ての滝を見て回ることができます。自然豊かで、四季によってさまざまな花や紅葉を楽しむことができるのも魅力です。

河津七滝 詳細・アクセス情報

河津七滝ループ橋

河津七滝ループ橋(天城・河津)

河津七滝ループ橋

河津七滝ループ橋は正式名称を七滝高架橋といい、河津町の国道414号にかかる東日本初の巨大二重ループ橋です。昭和53年の伊豆大島近海地震で被害を受けた旧道の代わりに造られたもので、その教訓を生かして地震による土砂崩れの影響を受けにくい工法が採用されています。

見どころは橋の中心に植えられた約100本の河津桜です。見ごろとなる2月上旬から3月上旬には夜間ライトアップも行われます。すぐ近くには上条の桜・隠居の桜といった桜の名木もあるので、観光ついでに桜巡りを楽しむのもよいでしょう。

河津七滝ループ橋 詳細・アクセス情報

03. 天城・河津の
おすすめグルメスポット

天城・河津は相模湾の海の幸はもちろんのこと、清流で育ったわさびも有名です。ここでは、天城・河津の一押しグルメスポットをご紹介します。

天城わさびの里

道の駅天城越え内にあるレストランです。旧天城トンネルや浄蓮の滝に向かうときに立ち寄れます。ここのおすすめは、本生わさびがトッピングされたわさびソフトクリーム。甘さとつんとした辛味の絶妙なコラボレーションがおいしいと評判です。

この他にも、刻んだわさびが練り込まれたみそを利用したわさび田楽や、生わさびが入ったところてんなども食べられます。ちょっと小腹がすいたときに立ち寄りたい店です。

アクセス情報
住所:静岡県伊豆市湯ケ島892-6 道の駅天城越え内
電話番号:0558-85-1110
営業時間:8時30分~16時30分
定休日:第3水曜日
駐車場:あり
交通案内:JR修善寺駅より昭和の森開館行乗車、昭和の森開館下車徒歩1分

わさび園かどや

深夜ドラマ「孤独のグルメ」で一躍有名になったわさび丼が名物のお店です。わさびと鰹節だけというシンプルな丼ですが、自分でわさびをすってご飯にのっけるので、すりたてのおいしさが味わえます。

この他に、わさびそばやわさび茶漬けなどわさびを堪能できるメニューが盛りだくさん。お土産に本わさびやわさび漬けも購入できます。

アクセス情報
住所:静岡県賀茂郡河津町梨本371-1
電話番号: 0558-35-7290
営業時間:9時30分~14時(ショップ17時まで)
定休日:不定休
駐車場:あり
交通案内:伊豆急行河津駅から修禅寺方面バス乗車、河津七滝下車、徒歩1分

伊豆海鮮どんぶりや

河津駅徒歩2分のところにある魚介がおいしい食堂です。新鮮なお刺身を利用した各種丼や、煮つけが特におすすめ。

河津の食堂やレストランは夜が早めにしまってしまいますが、ここは23時まで営業しています。観光でちょっと遅くなっても夕飯を食べられるお店です。

アクセス情報
住所:静岡県賀茂郡河津町浜163-1仲長アパート1F
電話番号:0558-32-0339
営業時間:昼11時30分~16時・夜17時~23時
定休日:無休
駐車場:なし
交通案内:JR河津駅より徒歩2分

04. 天城・河津の
おすすめイベント

天城・河津では一年を通してさまざまなイベントが開催されています。ここでは、特に人気のあるイベントを紹介しましょう。観光で訪れる際は、これらのイベントに合わせてスケジュールを組んでみるのもおすすめです。

河津桜まつり

河津桜(天城・河津)

河津桜

河津桜が見ごろを迎える2月上旬から3月上旬までの間に開催されるお祭りです。伊豆の踊り子らによるオープニングセレモニーにはじまり、B級ご当地グルメを堪能できる屋台の出店や桜並木のライトアップなどが行われます。開催期間中、100万人もの人が訪れるほどの人気イベントです。

イベント情報
開催期間:
2月10日〜3月10日
開催場所:静岡県賀茂郡河津町
お問い合わせ先:河津町観光協会(0558-32-0290)
公式ホームページ
https://www.kawazu-onsen.com/sakura/

天城ほたる祭り

天城ほたる祭りは、天城の渓流でゲンジボタルを鑑賞できるイベントです。6月上旬から約3週間の間、伊豆天城温泉郷の出会い橋を中心に、美しい光を放つ無数のホタルを見ることができます。週末には、太鼓や尺八の演奏や演劇などの芸能披露も行われ、多くの人で賑わいます。

イベント情報
開催期間:5月下旬日〜7月上旬
開催場所:伊豆市湯ケ島176-2
お問い合わせ先:伊豆市観光協会天城支部(0558-85-1056)
アクセス情報:伊豆箱根鉄道修善寺駅から伊豆東海バスで25分、「湯ヶ島温泉口」下車、徒歩5分

伊豆・天城路 河津秋まつり

伊豆・天城路 河津秋まつりは、旧天城トンネルの紅葉が見ごろを迎える時期に開催される河津町全域を巻き込んだお祭りです。町内ではさまざまなイベントが開催され、初景滝では猪鍋が一杯100円で食べることのできる猪まつり、峰温泉大噴湯公園では大噴湯鍋の無料サービスなどが行われます。そのほかにも、なぞなぞウォークラリーやや伊豆の踊り子との記念撮影など、子供から大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんです。

イベント情報
開催期間:11月20日〜12月10日
開催場所:静岡県賀茂郡河津町梨本・河津七滝・他
お問い合わせ先:河津町観光協会(0558-32-0290)
アクセス方法:伊豆急行河津駅バス「河津七滝」から徒歩

05. 秘湯と呼ばれる
天城・河津の温泉

伊豆半島には熱海をはじめとしてたくさんの温泉があります。天城や河津の温泉は知名度こそ低いですが、良質のお湯が湧き秘湯と呼ばれる温泉場が多い場所です。今回は、その中でも一押しをご紹介しましょう。

大滝温泉 天城荘

河津七滝温泉郷の中で、最も有名な旅館です。河津七滝のシンボル的な存在の大滝を敷地内に有し、露天風呂から望むこともできます。宿泊だけでなく日帰り入浴も可能です。

アクセス情報
住所
:静岡県賀茂郡河津町梨本359
電話番号:0558-35-7711
立ち寄り湯営業時間:10時~17時
立ち寄り湯料金:大人2,000円・小学生1,500円・幼児1,000円
交通案内:JR河津駅より修善寺行バス乗車大滝入り口下車すぐ
公式サイトhttp://www.amagisou.jp

町営踊り子温泉会館

峰温泉にある町営の日帰り入浴施設です。河津桜を眺めながら入浴できる露天風呂もあり、桜の季節は大勢の方で賑わいます。軽食コーナーや休憩コーナーもありますので、のんびりと日帰り入浴がしたいという方におすすめです。

アクセス情報
住所:静岡県賀茂郡河津町峰457-1
電話番号:558-32-2626
営業時間:10~21時
定休日:基本無休(年4回メンテナンス休館あり)
入浴料:大人1,000円・子ども500円(3時間まで)
駐車場:あり
交通案内:河津駅からバス乗車、踊り子温泉開館下車すぐ
公式サイトhttp://kankou.town.kawazu.shizuoka.jp/attraction/132/

天城ベニ屋

川端康成が伊豆の踊子を執筆したといわれる温泉郷にある旅館です。鹿やイノシシも食べることができ、昔ながらの湯治場の雰囲気が味わえます。浄蓮の滝や旧天城トンネルなどを観光するにも便利な宿です。日帰り入浴は行っていません。

アクセス情報
住所:静岡県伊豆市湯ヶ島1882-6
電話番号:0558-85-0121
交通案内:JR修善寺駅より4番線乗車、新宿(あらじゅく)下車すぐ
公式サイト:http://beniya.izu-oyado.com

ペンション グリーンリバー

シャレた名前と外観ですが、貸切風呂も備えた本格的な温泉宿泊施設です。バーベキューもできるので、家族連れや学生グループにもおすすめ。部屋は洋室が中心です。

アクセス情報
住所:静岡県伊豆市青羽根301-4
電話番号:0558-75-6600
交通案内:修善寺駅よりバスで15分
公式サイトhttp://g-river.jp/

いろりの宿三吉

その名の通り、いろりがしつらえてある宿です。温泉は2つの露天風呂と3つの内湯があり、貸し切りもできます。囲炉裏で焼いたアユや山の幸も楽しめる旅館です。

アクセス情報
住所:静岡県伊豆市湯ヶ島二百枚
電話番号:0558-85-1123
アクセス情報:修善寺駅からバスで20分
公式サイトhttp://www.irori-sankichi.com

06. 天城・河津
まとめ

いかがでしたか? この記事では天城・河津観光に行くなら知っておきたい見どころからグルメ・温泉・イベント情報まで、幅広い内容でお届けしました。天城・河津は、桜や紅葉など、訪れる季節によって異なる魅力を味わうことができます。天城・河津にお出かけの際は、ぜひ、この記事を参考に計画を立ててみてください。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所