南禅院(哲学の道)
?評価について

京都 南禅院
三名勝史跡庭園である
紅葉の名所

南禅院は、哲学の道付近にある南禅寺の敷地内にある別院です。南禅寺発祥の地でもあり、その庭園は三名勝史跡庭園に指定されています。南禅寺と言えば紅葉で名高い寺院ですが、南禅院の紅葉も見事です。その他に、重要文化財に指定されている亀山法王の坐像が安置されています。

今回は、南禅院の見どころや魅力をご紹介しましょう。

01. 法王離宮だった
南禅院の歴史

南禅院はかつて亀山法王の離宮だった場所です。1289年(正応2年)に法王はこの離宮で出家して法王になり、同時に離宮は寄進されて禅寺になりました。この南禅院が時代と共に発展し、南禅寺になったのです。

南禅院の庭は亀山法王が自ら設計したという説があります。京都に唯一残る鎌倉時代の名園として名高く、天龍寺や西芳寺と共に京都三名勝史跡庭園に指定され、紅葉の名所としても有名です。

方丈(住職の住まい)は戦国時代に一度焼失しましたが、1706年に徳川綱吉の母桂昌院によって再建されました。建物内には、重要文化財指定の亀山法皇御木造が安置されています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所