高台寺塔頭 春光院
?評価について

京都 高台寺春光院
風情ある茅葺屋根が魅力の
高台寺塔頭寺院

春光院は、東山区にある高台寺の塔頭寺院です。江戸時代初期、北政所の甥にあたる木下勝俊が、若くして亡くなった自身の娘、春光院万花紹三(しゅんこういんばんかじょうさん)の菩提を弔うために建立しました。現在は寺院は非公開となっていますが、念珠の授与を受けることができます。

この記事では、春光院の歴史などをご紹介しましょう。

01. 西郷隆盛も訪れた
寺院の歴史

春光院は、1627年に北政所の甥である木下勝俊が娘の菩提を弔うために建立しました。ちなみに、木下勝俊は圓徳院を建立した木下利房の異母弟に当ります。勝俊は武将でありましたが、和歌の才能も豊かで、関ヶ原の合戦後は高台寺の南隣に挙白堂という庵を建てて隠遁生活を送りました。

幕末になると、大徳寺小倉庵から移ってきた月照という僧が住職になります。月照は尊王攘夷派の僧侶であり、この寺院で西郷隆盛や有村俊斎らと討幕の密議をかわしていました。その後、月照は幕府に追われて西郷隆盛と共に薩摩(鹿児島)まで逃げますが、そこで二人そろって入水します。このとき、月照は亡くなり、西郷隆盛だけが助かりました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所