海蔵寺
?評価について

鎌倉 海蔵寺
四季折々の花が楽しめる
美しい寺院

源氏山の麓にある海蔵寺は、臨済宗建長寺派の寺院です。4月に見ごろを迎えるカイドウと、9月に満開となるハギが美しい寺院として知られています。北鎌倉と鎌倉のちょうど中間に位置し、どちらの駅からも少々距離があるため訪れる方はそれほど多くありません。いつでも美しい花々や境内の建物を比較的ゆっくり観賞できます。

この記事では、海蔵寺の歴史や魅力をご紹介しましょう。

01. 花の寺の
歴史

ハギ(海蔵寺)

ハギの花

海蔵寺は1253年に鎌倉幕府の六代将軍・宗近親王の命により建立されました。創建当初は7つの堂を持った大きな寺院であったと伝えられています。

1333年、鎌倉幕府の滅亡と共に寺院は兵火によって全焼してしまいました。その後、1394年に足利尊氏が関東官領の上杉憲基に命じて再興させたと伝えられています。再興された海蔵寺はいくつもの塔頭寺院を抱えるほど栄えました。しかし、時代が進むに連れてその勢いは衰え、今では本堂や薬師堂などだけが残るこぢんまりとした寺院になっています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所