法輪寺
?評価について

奈良 法輪寺
飛鳥時代の仏像が現存する
聖徳太子ゆかりの寺院

法輪寺は奈良県生駒郡斑鳩町、法隆寺の近くにある聖徳宗(しょうとくしゅう)の寺院です。三井寺という別名を持ち、境内の三重塔は法隆寺・法起寺(ほっきじ)の塔と併せて斑鳩三塔と呼ばれています。講堂には飛鳥時代に作られた仏像が複数安置されており、仏教美術が好きな方にもおすすめの寺院です。

この記事では、法輪寺の歴史や見どころ・アクセス方法などをご紹介しましょう。

01. 飛鳥時代から続く
法輪寺の歴史

境内(法輪寺)

境内

法輪寺は、飛鳥時代に造られた寺院です。創立については二つの説があり、一つは、聖徳太子の息子である山背大兄王(やましろのおおえのおう)が聖徳太子の病状回復を願って建立したという説。もう一つは、670年に法隆寺が焼失した後、百済開法師・円明法師・下氷新物(しもつひのにいもの)の3人が力を合わせて造ったという説です。近年の調査で、7世紀中ごろには創建されていたことがわかっています。

平安時代中頃までは大寺院として栄えていましたが、その後衰退してしまい、江戸時代初期には三重塔が残るばかりでした。江戸時代中頃、妙見菩薩(みょうけんぼさつ)を信仰する妙見信仰が広がったことで、妙見菩薩をお祀りしている法輪寺にも信徒が集まり、やがて伽藍も復興されていきます。

寺院のシンボルでもある三重塔は、1944年(昭和19年)に起きた落雷による火災で焼失するまでは国宝に指定されていた建物です。現在の三重塔は1975年(昭和50年)に作家の幸田文氏らの尽力によって再建されました。

現在は、飛鳥時代から平安時代にかけての仏像を数多く拝観できる寺院として、仏像好きの方がたくさん訪れています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所