泉涌寺
?評価について

京都 泉涌寺
楊貴妃観音をお祀りする
皇室の菩提寺

京都市東山区にある泉涌寺(せんにゅうじ)は、真言宗泉涌寺派の総本山です。敷地内には天皇の陵墓が複数あり、皇室の菩提寺を務めてきたことから御寺(みてら)とも呼ばれています。本尊の三世仏のほか、楊貴妃観音をお祀りしていることでも有名です。楊貴妃観音は美人祈願・良縁などのご利益があるといわれ、最近では美と縁結びのパワースポットとしても人気を集めています。

この記事では、泉涌寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 皇室と縁が深い
泉涌寺の歴史

境内(泉涌寺)

境内

泉涌寺は皇室の菩提寺として、長きにわたりたくさんの人々から信仰されてきた寺院です。この項では、そんな寺院の歴史をかいつまんでご紹介します。

創建から鎌倉時代まで

泉涌寺の創建年代や由来は現在もはっきりと分かっていません。856年に藤原緒嗣(ふじわらのおつぐ)が自分の山荘を改築し、神修上人(しんしゅうしょうにん)を開山として寺院を建立したという説や、空海が建立した草庵が起源という説などがあります。創建当時は法輪寺という名前でした。後に仙遊寺と改められましたが、やがて荒廃していきます。

1218年、荒廃していた仙遊寺を宇都宮信房(うつのみやのぶふさ)という武将が月輪大師(がちりんだいし)、俊芿(しゅんじょう)に寄進しました。月輪大師は多くの人々から寄進を受け、仙遊寺の跡地に宋の法式を取り入れた大伽藍を造営します。このとき、境内に霊泉が沸いたことから寺院の名が泉涌寺と改められました。

復興された泉涌寺は、律を基本に天台・真言・禅・浄土の四宗兼学の道場として大いに栄えたと伝えられています。公家と武家の両方から篤い信仰を集め、1224年には後堀河天皇から皇室の祈願所として定められました。その後、後堀河天皇と次代の四条天皇の陵墓が敷地内に造られたため、寺院は皇室の菩提寺となり、御寺(みてら)と呼ばれるようになります。

室町時代から現代まで

1467年に応仁の乱が起こり、その戦火によって伽藍の大部分が焼失してしまいます。その後、朝廷の支援によって伽藍は再興されました。室町時代から幕末にかけての歴代天皇も泉涌寺の敷地内に陵墓を造営しています。

江戸時代になってからも、泉涌寺は皇室の菩提寺として大いに栄えました。明治時代になると天皇の陵墓は造営されなくなりますが、人々の信仰は衰えることなく、現在まで寺院は栄え続けています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所