江ノ電 長谷駅(江ノ電観光)
?評価について

江ノ電 長谷駅
アジサイの名所に囲まれた
観光に便利な駅

江ノ電長谷駅は、鎌倉駅から数えて4番目に位置する江ノ電の駅です。アジサイの名所として名高い長谷寺や鎌倉大仏など、観光名所からも近く、多くの人に利用されています。ドラマのロケ地として使われた場所など見どころも豊富で、駅周辺をぶらりと散策するのも楽しいですよ。

この記事では、長谷駅の見どころや魅力をご紹介しましょう。

01. 長谷駅周辺の
見どころ

長谷駅周辺にはたくさんの観光名所が点在しています。この項では、この中でも一押しのスポットをご紹介しましょう。

高徳院(鎌倉大仏)

鎌倉大仏(江ノ電 長谷駅)

鎌倉大仏(高徳院)

鎌倉の大仏様として知られる高徳院は、鎌倉時代に鎌倉幕府三代目執権である北条泰時によって建立された寺院です。有名な鎌倉大仏は、鎌倉にある仏像の中で唯一国宝に指定されています。

鎌倉大仏には謎が多く、いったい誰が何のために建立したのかもはっきりとはわかっていません。初代の仏像は木製でしたが、暴風雨によって壊れてしまい、1252年に2代目が鋳造されて現在に至っています。

かつては大仏殿もありましたが、15世紀初頭に津波によって大仏殿が押し流され、現在のように大仏だけがむき出しの状態になりました。他の大仏と違い、鎌倉大仏は仏像の中には入ることもできます。

アジサイの名所 長谷寺

鎌倉長谷寺(鎌倉 長谷駅)

鎌倉長谷寺

長谷寺は、アジサイの名所として有名な浄土宗の寺院です。毎年アジサイが見頃の時期を迎えると、境内は多くの観光客でにぎわいます。アジサイ以外にもたくさんの花があり、1年中色々な花が楽しめるのも魅力です。

長谷寺の本尊である十一面観音像は、高さが9.18mもあります。これは、木造の十一面観音菩薩像としては国内最大級です。奈良時代に1本のクスノキから二体の観音像が彫り上げられたもので、一体は奈良にある同名の長谷寺に安置され、海に投げ入れられて鎌倉に流れ着いたもう一体が長谷寺の本尊となっています。

長谷寺 詳細・アクセス情報

アジサイが美しい御霊神社

御霊神社(鎌倉 長谷駅)

御霊神社は、鎌倉権五郎景政という人物をお祀りしている神社です。江ノ島七福神の一つ、毘沙門天も祀られ、1年中参拝者が絶えることはありません。

アジサイと江ノ電を一緒に撮影できる場所としても有名で、アジサイが満開になる季節は観光客で混み合います。

毎年9月18日に行なわれる例大祭では、神奈川県の無形文化財に指定されている面掛行列も行われますので、その時期に合わせて訪れるのもおすすめです。

御霊神社 詳細・アクセス情報

カイドウが美しい光則寺

光則寺(鎌倉 長谷駅)

光則寺

光則寺は、カイドウをはじめとする花々が美しい寺院として人気のスポットです。現在は寺院となっていますが、もともとは鎌倉幕府に仕えていた宿屋光則(やどやみつのり)という御家人の屋敷でした。

宿屋光則は、日蓮宗の開祖ある日蓮上人が著した立正安国論を時の権力者、北条時頼に手渡した人物としても知られています。光則は当初、違う仏教の宗派に帰依していましたが、のちに日蓮上人に帰依して日蓮宗に改宗し、自宅を寺院に改築しました。

光則寺の境内には、立正安国論が幕府へ提出された経緯を示す碑が建っています。その他、日蓮の弟子である日朗が幽閉された岩屋なども見学可能です。

光則寺 詳細・アクセス情報

収玄寺

収玄寺(江ノ電 長谷駅)

収玄寺

収玄寺は、日蓮上人に深く帰依していた四条金吾という御家人の屋敷跡に建てられた寺院です。小さな寺院ですが、境内には東郷平八郎の筆による四条金吾邸址の石碑などがあります。境内は自由に見学できますので、散策ついでに立ち寄って史跡見学をするのもいいですね。

和み地蔵

和み地蔵(江ノ電 長谷駅)

和み地蔵

和み地蔵は、長谷寺境内の写経堂前に安置されています。宮城県の石神彫刻工房で製作された地蔵尊で、笑っているかのような柔和な表情が特徴です。「見ていて癒される」と人気が高まり、長谷寺ではストラップなどのグッズも多数販売されています。

良縁地蔵

良縁地蔵(江ノ電 長谷駅)

良縁地蔵

良縁地蔵も和み地蔵と同じ工房で製作された地蔵尊です。和み地蔵が1体なのに対し、良縁地蔵は3体1組で安置されています。境内の3ヵ所に鎮座しており、参拝者に人気です。詣でると良縁に恵まれるご利益があるといわれています。

鎌倉彫 白日堂

鎌倉彫 白日堂(江ノ電 長谷駅)

鎌倉彫 白日堂

白日堂は、1940年(昭和15年)に鎌倉彫の工房兼住宅として建てられた建物です。城郭と寺院を合わせたような外観はよく目立ち、写真撮影をする方もたくさんいます。

鉄平石張りの腰壁を持った近代的なショーウィンドーも特徴です。現在は鎌倉市の景観重要建築物に指定されています。

旅館 対僊閣

旅館 対僊閣(江ノ電 長谷駅)

旅館 対僊閣

対僊閣(たいせんかく)は、長谷寺に向かう参道にある純和風旅館です。1927年(昭和2年)に建てられた建物には、高欄(こうらん)や欄間窓(らんままど)など、寺社建築の特徴を見ることができます。

対僊閣は、高浜虚子(たかはまきょし)がホトトギスの会を開いたことや、歌人の与謝野晶子も宿泊したことでも有名です。経営者の鈴木家は、かつて皇族方が鎌倉を訪れた際に料理番を引き受けていたことでも知られています。

のり真安齋商店

のり真安齋商店(江ノ電 長谷駅)

のり真安齋商店

のり真安齋商店は、1913年(大正2年)創業の乾物屋です。現在の建物は1925年(大正13年)に建てられました。戦前の商家が持つ特徴がすべて残っており、歴史的価値の高い建物です。いまだに現役で使用されているので、店の前を通ると一瞬タイムスリップしたような気分になります。

由比ヶ浜

由比ヶ浜(江ノ電 長谷駅)

由比ヶ浜

由比ヶ浜は、稲瀬川河口から滑川河口までの海岸です。鎌倉時代までは前浜と呼ばれており、武芸の修練場として利用されていました。鎌倉時代末期には戦いの舞台にもなり、浜周辺には慰霊塔なども多く建立されています。現在は海水浴スポットや夕日の名所として知られており、鎌倉有数の観光スポットです。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所