極楽寺(江ノ電観光)
?評価について

鎌倉 極楽寺
サルスベリとアジサイが咲く
風情ある寺院

鎌倉市長谷からほど近い場所にある極楽寺は、鎌倉では珍しい真言律宗の寺院です。山号を霊鷲山(りょうじゅさん)といい、最盛期には子院を49院所有する大寺院でした。境内や参道の花が美しい寺院として知られており、中でもサルスベリとアジサイは一見の価値ありです。境内には独特の風情があり、映画やドラマのロケ地としても使用されています。ただし、撮影には特別な許可が必要となり、一般の方の撮影は一切禁止です。周囲の方の迷惑となりますので注意してください。

この記事では、極楽寺の見どころや魅力・アクセス方法・拝観料などをご紹介します。

01. 大寺院だった
極楽寺の歴史

参道(極楽寺)

参道

極楽寺は、鎌倉市西部の深沢にあった正永和尚が開山した寺院が始まりと伝えられています。1259年、寺院は北条重時によって当時葬送の地であった現在地に移されました。これは、死者を弔う目的だともいわれていますが、詳しいことは今でも分かっていません。

1267年、真言律宗の僧であった忍性(にんしょう)が極楽寺に入山します。これにより寺院は真言律宗に改宗しました。その頃の寺院には施薬院・療病院・薬湯寮(やくとうりょう)などの施設があり、病院のような役割も果たしていたと伝えられています。忍性の入山後、寺院は徐々に発展していき、最盛期には七堂伽藍と49の子院を持つまでになりました。

14世紀頃から、寺院は火災と復興を繰り返すようになります。1591年に徳川家康から領地が与えられたものの、江戸時代初期の頃にはすっかり荒廃してしまいました。1656年に恵性(えしょう)という当時の住職が再度復興しますが、その後一時無住になり、明治時代を向かえます。

1923年(大正12年)に起きた関東大震災で本堂が倒壊するなど大きな被害を受けました。現存する伽藍の多くは近年になって再興されたものです。現在は、花の美しい小さな寺院として知られ、多くの方が拝観に訪れています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所