御穂神社
?評価について

静岡 御穂神社
羽衣伝説ゆかりの
神さびた神社

御穂神社は、静岡市清水区にある三保の松原にある羽衣の松をご神体とする神社です。創建された年代ははっきりとはわかっていませんが、延喜式の中にも名前が登場します。以前は天神森という所に建っていましたが、1522年に細川弾正忠孝範が起こした戦によって焼失してしまいました。その後、現在の場所に建てなおされます。

江戸時代初期には徳川幕府の庇護を受け壮大な社殿が建てられていましたが、1668年に落雷によって社殿が焼失してしまいました。現在の社殿は仮宮として再建されたものです。

今回は、御穂神社の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 羽衣の松と
神社を詣でる

羽衣の松(御穂神社)

羽衣の松

御穂神社のご神体である羽衣の松は、神社から約500m離れた三保の松原内にあります。神社と松の間には神の道と呼ばれる風雅な参道が整備されているので、そこを通っての参拝がおすすめです。詣でる順番に特に決まりはありません。三保の松原を見学してから神社に詣でるならば、松から参拝した方がスムーズです。

神の道(御穂神社)

神の道

神の道は、木製の歩道橋が整備され、車いすやベビーカーでも楽に通行ができます。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所