強羅観光を200%満喫!
高級別荘地としても栄えた
温泉リゾート

箱根の中心に位置する強羅は、明治時代から多くの著名人や文化人たちが別荘を構えたことでも知られる温泉リゾート地です。箱根ならではの雄大な自然に恵まれ、桜や紅葉など、1年を通して美しい景観を楽しむことができます。

この記事では、強羅観光を満喫するために知っておきたい見どころやおすすめスポットからグルメ・温泉情報などをまとめました。ぜひ、強羅観光のしおりとしてお役立てください。

01. 強羅の
歴史や特徴

箱根の中でも根強い人気を誇る観光地となっている強羅。強羅とは、一体どのような街なのでしょうか? ここでは、強羅の歴史や特徴について紹介します。

大正時代から温泉地として発展

強羅は、大正8年に箱根登山電車が開通したことをきっかけに栄えた温泉場です。当初は早雲山や大涌谷からの引き湯から始まりました。昭和27年以降、強羅でも次々に温泉が発掘され、現在では箱根で2番目の規模を誇る温泉街となっています。

避暑地を兼ねた別荘地

強羅は、明治から大正時代にかけて、避暑地を兼ねた別荘地として開発されました。住宅地の中心に公園を配置した街づくりで、これは当時の日本では最先端の試みです。多くの政財界人や文人に愛され、今でも昔ながらの豪華な建物が至るところに点在しています。

02. 強羅の
見どころ&おすすめスポット

強羅といえば温泉が有名ですが、温泉以外にも観光スポットとして楽しめる場所がたくさんあります。ここでは、強羅の見どころ・おすすめスポットを紹介していきましょう。

箱根美術館

箱根に数ある美術館の中で最も歴史の長い美術館で、開館は1952年です。創立者での岡田茂吉氏が集めた東洋美術品のコレクションから、鎌倉・室町時代に製作された六古窯の壺やかめなど、日本のやきものを中心に展示が行われています。

箱根美術館の建物自体も岡田茂吉氏が設計したのもで、青瓦を用いた屋根や大きく取った窓など、独特なデザインが特徴です。敷地内の神仙郷は国の登録記念物にも指定された庭園で、130種の苔や200本の紅葉など、ほかでは味わえない美しい風景を堪能できます。

箱根美術館 詳細・アクセス情報

箱根強羅公園

強羅の中心地に位置する公園で、登山鉄道の終点である強羅駅のシンボルとして造られました。日本初のフランス式整型庭園で、桜・つつじ・あじさい・紅葉・バラなど、四季折々にさまざまな花が楽しめます。

熱帯の植物を見るこのできる熱帯植物館・ハーブ館・ブーゲンビリア館も見どころです。特に、熱帯ハーブ館は日本で初めて熱帯ハーブを集めて造られた展示温室で、ここでしか見ることのできない植物が多く栽培されています。

敷地内には、吹きガラス・陶芸・サンドブラスト・ドライフラワーアレンジメントなどを体験できる箱根クラフトハウスもあり、子供から大人まで楽しめる公園です。

箱根強羅公園 詳細・アクセス情報

箱根写真美術館

箱根写真美術館は、箱根在住の写真家、遠藤桂氏が開館した私設美術館です。氏の撮影した富士山作品を中心に常設展示が行われています。季節ごとの美しさが映える幻想的な富士山は圧巻です。2階のギャラリーでは随時企画展や特別展も開催され、国内外の新進写真家や同館協力作家による作品などが展示されています。

美術館にはカフェも併設されており、観光の休憩地としても最適です。カフェを楽しみながら遠藤桂氏による写真レッスンを受けることができるイベントも定期的に開催されています。

箱根写真美術館 詳細・アクセス情報

箱根マイセンアンティーク美術館

約300年の歴史を誇る高級磁器ブランド「マイセン」の磁器を中心に展示が行われている美術館です。展示ルームには歴代のマイスターの名が付けられ、それぞれのこだわりや時代による様式の変化などを感じることができます。

美術館の建物として利用されているのは、かつて日本銀行総裁だった萬田尚登氏の邸宅です。歴史的にも貴重な洋館で、この建物だけでも見る価値があります。人気テレビ番組「大改造!! 劇的ビフォーアフター」でリフォームされた庭園も必見です。

箱根マイセンアンティーク美術館 詳細・アクセス情報

宮城野早川堤の桜

早川沿いの堤に約600mに渡って続く桜並木です。4月上旬から4月中旬ごろに見ごろを迎え、毎年多くの観光客が桜を目当てに訪れます。箱根でも屈指の桜の名所で、150本の桜が一斉に咲き誇る様子は壮観です。花が開いている期間中は夜間のライトアップも行われ、幻想的な夜桜も堪能できます。

宮城野早川堤の桜 詳細・アクセス情報

箱根強羅夏祭り大文字焼き

箱根強羅夏祭り大文字焼きは、大正10年から続く伝統行事で、毎年多くの観光客が訪れる強羅を代表するイベントです。もともは避暑客の慰安を目的にはじめられたお祭りですが、現在ではお盆の送り火の意味も込められています。

明星ヶ岳に浮かび上がる大の字はなんと横幅108m。同時に花火大会も開催され、スターマインやナイアガラなどの仕掛け花火も打ち上げられます。ビューポイントとしては、箱根強羅公園やその近くの餃子センター・早雲山駅の天望テラスなどがおすすめです。

箱根強羅夏祭り大文字焼き 詳細・アクセス情報

03. 種類も豊富な
強羅のおすすめランチ

強羅は箱根登山鉄道の駅があり、周囲には美術館も多数点在しています。今回は、そんな強羅で楽しめるおすすめランチスポットをご紹介しましょう。選べる料理の種類も多く、穴場的なスポットです。

田むら銀カツ亭

強羅のグルメスポットといえば必ず名前があがるお店です。名物は豆腐に国産の豚ひき肉をはさんで揚げた後、土鍋で煮込んだ豆腐かつ煮。その他にも、大エビのフライや普通のとんかつもおいしいと評判です。ガイドブックには必ず掲載されるお店なので、観光シーズンは混み合うことも珍しくありません。少し時間をずらして13時以降にいくか、開店してすぐに入店することをおすすめします。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根町強羅1300-739
電話番号:0460-82-1440
ランチ営業時間:11時~14時30分
定休日:水曜日
駐車場:有
交通案内:箱根登山鉄道「強羅駅」より徒歩2分
公式サイトhttp://ginkatsutei.jp/

ぱんのみみ

路地裏にひっそりと開店している隠れ家のような喫茶店です。ここの名物はパンを一斤くりぬいて、その中にホワイトソースベースのグラタンをたっぷりと詰めこんだパングラタン。ボリュームたっぷりなので、女性なら2人でシェアしてちょうどよいかもしれません。強羅は標高が高いので平地より秋が早くやってきます。涼しい風に吹かれながら散策を楽しんだ後のパングランもおすすめです。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮城野170
電話番号:0460-82-4480
営業時間:11時~17時
定休日:毎週水曜日/第2・4・5火曜日
駐車場:あり
交通案内:強羅駅より徒歩7分

カフェレストラン旬幸

強羅公園からすぐのところにあるオシャレなカフェレストランです。メニューも豊富で、サンドイッチから定食・あたたかいおそばまで楽しめます。おすすめは、こだわり豚のカツサンドです。ぶ厚いカツをトーストしたパンにはさんだサンドイッチはボリュームたっぷり。男性でも満足できること間違いなしです。

アクセス情報
住所:神奈川県足群箱根町強羅1300-466
電話番号:0460-87-6862
営業時間:10時30分~16時
定休日:木曜日・臨時休業
駐車場:あり
交通案内:ケーブルカー公園上駅より徒歩すぐ

竹やぶ

強羅駅から少し離れた場所にある個性的な外観をしたおそばやさんです。看板が出ていなければアトリエやアートミュージアムと間違えてしまいそう。でも、出てくるおそばは正統派です。冷たいおそばも温かいつけ汁で食べられるので、寒い冬でもおいしく食べられます。そばがきやニジマスなどのサイドメニューも豊富です。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根160-80
電話番号:0460-84-7500
営業時間:11~18時
定休日:水曜日
駐車場:なし
交通案内:箱根登山鉄道「姥子駅」下車、徒歩5分。

04. 日帰りもできる
おすすめ温泉スポット

強羅温泉は、明治45年に保養地として開発が始まった歴史ある温泉地です。現在でも別荘や高級旅館が点在し、単純温泉・塩化物泉・炭酸水素塩泉など多種類の温泉を楽しめる場所としても知られています。今回は、日帰り入浴ができる施設を中心に温泉スポットをご紹介しましょう。

強羅花壇

昭和27年創業の老舗旅館です。3本の源泉を所有していて、大浴場や露天風呂を楽しめます。強羅花壇の日帰り温泉プランは、温泉に食事やマッサージがついたちょっと贅沢なコースです。特に、食事は「旧閑院宮別邸」を改装したレストランで懐石料理を楽しめるプランもあります。「日帰りで箱根旅行に来たけれど温泉旅行気分を満喫したい」という方におすすめの旅館です。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
電話番号:0460-82-3331
入浴時間:9~18時
駐車場:あり
交通案内:強羅駅から徒歩5分
公式サイトhttp://www.gorakadan.com

メルヴェール箱根強羅

強羅公園のすぐ隣にある日帰り温泉も可能な宿泊施設です。露天風呂はありませんが、源泉かけ流しの内湯が楽しめます。また、サウナや水風呂・ジャグジー風呂も設置されているのでお風呂以外の設備も楽しみたいという方にもぴったりです。湯上りにはドリンクサービスもあります。公園を散策して汗をかいた後に立ち寄ってみるのもよいでしょう。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-70 
電話番号:0460-87-7600
入浴時間:15~20時
入浴料:1,000円
駐車場:あり
交通案内:箱根ケーブルカー「公園下駅」から徒歩すぐ
公式サイトhttp://www.merveille-hakone.jp/

ゆとりろ庵

最大で7時間部屋が使える日帰り温泉プランが人気の旅館です。日帰り温泉プランは昼食をはさんで温泉が利用できるホテルや旅館が多いのですが、ゆとりろ庵は13時から20時まで温泉が利用できます。箱根観光の後にのんびり温泉に浸かって夕飯をいただいて帰途につくというプランもおすすめです。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-119
電話番号0460-82-2780
温泉利用時間:13時~20時
駐車場:あり
交通案内:箱根登山ケーブルカー「中強羅駅」より徒歩5分
公式サイトhttp://www.yutorelo-an.jp/

ラフォーレ強羅

純粋に日帰り入浴だけも楽しめるホテルです。露天風呂はなく内風呂もこじんまりとしていますが、硫黄の香りが楽しめる弱白濁の湯が楽しめます。入浴後何時間たっても体が温かいままと評判のお湯です。サウナやレストランも利用できますので、箱根観光の締めくくりに利用してみるのもおすすめです。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320
電話番号:0460-82-2121
入浴時間:12~16時
入泉料:大人1,500円・子ども:800円
駐車場:あり
交通案内:箱根ケーブルカー「中強羅駅」より徒歩5分
公式サイトhttp://www.laforet.co.jp/gora/

05. 強羅観光に役立つ
おすすめサイト

強羅観光へ行く前にチェックしておきたいサイトをいくつかピックアップしました。強羅に訪れる際は、スマートフォンでブックマークしておくときっと役に立ちます。

箱根強羅観光協会公式サイト
箱根強羅観光協会による強羅の紹介ページです。定番の温泉や各観光施設の掲載はもちろん、強羅の四季というコーナーでは季節によって異なる強羅の風景を写真で伝えてくれています。

じゃらんnet
国内の観光スポットやイベント情報を多数掲載している「じゃらんnet」の強羅ページです。強羅のおすすめランキングが口コミとともに紹介されているほか、ご当地グルメやイベントに関する情報も掲載されています。

フォートラベル
旅行情報サイト「フォートラベル」の強羅ページです。強羅の人気観光地ランキングや旅行者が投稿した写真や口コミなどが多数掲載されています。近隣の宿泊施設情報も載っているので、泊まりで楽しみたい方はぜひ参考にしてください。

06. 強羅観光
まとめ

いかがでしたか? この記事では、強羅の見どころやおすすめスポットからグルメ・温泉まで、観光に役立つさまざまな情報を紹介しました。強羅には温泉以外にも公園や美術館などの観光スポットが多くあり、何度訪れても新しい魅力に出会うことができます。箱根観光を計画の際には、ぜひ強羅も行き先候補に入れてみてくださいね。

07. 強羅エリア
マップ

住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅

強羅エリア

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所