奈良 長谷寺
?評価について

奈良 長谷寺
七千株の牡丹が美しい
奈良大和路の花の御寺

古典にも登場する
長谷寺の歴史

本堂(奈良 長谷寺)

本堂内から舞台越しに見える絶景

長谷寺は8世紀前半に徳道上人(とくどうじょうにん)によって建立されたと伝えられていますが、詳しい資料等は残っていません。長谷寺が有名になったのは観音信仰が盛んになった平安時代中期のことと考えられ、摂関政治で有名な藤原道長も長谷寺を参拝していたようです。また、更級日記や源氏物語などの古典文学にもたびたびその名前が登場しています。ちなみに、源氏物語の玉鬘に登場する二もとの杉は、今でも境内に現存する大木です。

その後、時代が下るにつれて徐々に衰退していきましたが、1588年、豊臣秀長の招きで専誉(せんよ)僧正が入山したことによって転機が訪れます。専誉は元々和歌山県にある根来寺(ねごろじ)という寺院の僧侶でした。根来寺は室町時代末期から強大な軍事力を有していましたが、織田信長や豊臣秀吉との戦いで焼き討ちにされてしまいます。しかし、根来寺の僧侶たちは、専誉を頼って長谷寺に入山し、真言宗豊山派を築き上げました。

現在は、四季折々の花が楽しめる寺院として、多くの参拝客が訪れる寺院となっています。

信仰を集め続けた
長谷寺の魅力

長谷寺は、平安時代から観音信仰の中心地として人々の信仰を集め続けてきました。また、牡丹や桜が見事な場所としても有名です。この項では、そんな長谷寺の魅力をご紹介しましょう。

四季の花々

牡丹(奈良 長谷寺)

境内に咲く牡丹

長谷寺がある初瀬山は、牡丹の名所として古くから有名でした。長谷寺の境内にも150種類以上、7千株もの牡丹が栽培されています。毎年牡丹が見頃になる4月中旬から5月上旬までは長谷寺ぼたんまつりが開催され、ぼたんの鉢植えが当たる抽選会や茶会などが人気です。ぼたんまつりに合わせて寺宝の特別公開も行われます。

長谷寺は牡丹以外にも四季折々の花が楽しめる場所です。牡丹の見頃が終わるとアジサイが咲き誇り、盛夏の頃はサルスベリやキョウチクトウが見頃を迎えます。秋には紅葉が楽しめ、冬には寒牡丹や寒桜・南天が見事です。

本堂にある舞台からの絶景

本堂 舞台(奈良 長谷寺)

本堂の舞台

長谷寺の本堂には、京都の清水寺とよく似た舞台があります。ここからは長谷寺の伽藍や周辺の山々が一望でき、絶好の写真撮影スポットとしても参拝者に人気です。特に夏は、伽藍の黒い瓦屋根と木々の深緑の美しいコントラストが楽しめます。

日本最大級の木造観音菩薩像

長谷寺の本尊は、高さが約10mもある木造の十一面観音菩薩像で、平安時代から人々の信仰を集め続けてきている日本有数の観音像です。国内では最大級の大きさで、人々に祟りをなすご神木を仏像に加工して祟りを鎮めたという伝承が残っています。錫杖を持つ独特の形は、長谷寺式十一面観音と呼ばれるものです。毎年春と秋には巨大な観音像の足指に触れられる特別拝観が行われるので、この時期に合わせて訪れるのもよいでしょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所