圓徳院
?評価について

京都 圓徳院
北野政所が晩年を過ごした
伏見城遺構の寺院

圓徳院(えんとくいん)は東山区にある高台寺の塔頭寺院で、秀吉の妻、北政所が晩年を過ごした場所です。伏見城の化粧殿と前庭を移築して造られ、安土桃山時代の華やかな雰囲気を今に伝える寺院として知られています。

この記事では、圓徳院の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 貴人の住居だった
寺院の歴史

境内(圓徳院)

新緑の境内

圓徳院は、豊臣秀吉の正室、北政所の住居として1605年に建てられました。北政所は秀吉の菩提を弔うために高台寺建立を願い、徳川家康が全国の大名に普請(建築)を命じて寺院を建立させます。

高台寺が完成すると、北政所は寺院近くに伏見城の化粧殿と前庭を移築して移り住み、ここから高台寺へ通いました。北政所が存命中の間、武士をはじめとして禅僧・茶人・歌人等の文化人が彼女を慕って訪れていたと伝えられています。

北政所は晩年の19年間をここで過ごし、この世を去りました。その後、彼女の甥である木下利房が高台寺の三江和尚を開基に迎えて圓徳院を創建し、木下家の菩提寺とします。

江戸時代に化粧殿は火事で焼失してしまい、再建されることはありませんでした。前庭は北庭として現存しており、安土桃山時代の華やかな雰囲気を今に伝えています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所