八坂の塔(八坂通り)
?評価について

京都 八坂の塔(法観寺)
そびえ立つ五重塔が
有名な寺院

京都東山にある法観寺は清水寺八坂神社のちょうど間に建っている寺院です。境内に八坂の塔と呼ばれる五重塔が建っていて街中でもよく目立つため、いつしか寺院全体を指して八坂の塔と呼ばれるようになりました。特に八坂通りから臨む八坂の塔は風情があり、京都らしい風景として観光客に人気です。

この記事では、八坂の塔(法観寺)の魅力や見どころをご紹介します。

01. 創建に諸説ある
法観寺の歴史

境内(八坂の塔)

境内

法観寺の歴史は古く、592年に聖徳太子が夢のお告げにより仏舎利(ぶっしゃり)を三粒納めて建立したと伝えられています。この他にも、朝鮮半島系の渡来氏族である八坂氏の氏寺として建立されたたという説もあり、どちらの説が正しいのかは今の所はっきりしていません。

現在の五重塔は15世紀に再興されたものですが、塔の下に遺されている心礎(心柱の礎石)は創建当時のものです。心礎の形状が奈良時代以前に建立された寺院特有の地下式であることから、平安京ができる前からこの地に建っていたことは間違いありません。

平安時代末期に一度衰退しますが、1240年に建仁寺8世の済翁証救(さいおうしょうく)が入寺して復興します。これ以降、臨済宗建仁寺派に属する禅寺となりました。

戦国時代には地方から京都に上洛した大名が定紋入りの旗を塔に掲げることで、誰が新しい天下人になったのか知らせたと伝わっています。

現在、境内に建つ五重塔、八坂の塔は東山区のシンボル的な存在です。観光客だけでなく地元の方にも親しまれています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所