伏見
?評価について

京都 伏見観光
幕末の歴史を感じる酒どころで
京の魅力に触れる

京都伏見は、幕末の志士、坂本龍馬が活躍した地として知られるエリアです。伏見稲荷大社をはじめ有名な観光名所がたくさんあり、酒造が多いことからも人気を集めています。家族旅行やデート・一人旅など、どんな形で訪れても楽しめること間違いなしです。古くから酒づくりが盛んだった伏見で、おいしいお酒を味わってみてはいかがでしょうか? 

この記事では、伏見の見どころやおすすめ観光地・人気のランチスポットなどをまとめて紹介します。

01. 歴史の深さを学ぶ
見どころスポット

伏見の見どころと言えば、数々の神社や寺院、そして、美しい景色でしょう。ここでは、観光スポットとしてもおすすめの場所をご紹介します。

醍醐寺

醍醐寺(伏見)

醍醐寺

醍醐寺は、醍醐山の山頂と麓に広大な伽藍を構えている真言宗醍醐派の総本山です。山頂付近の伽藍は上醍醐と呼ばれ、明治時代までは山岳信仰の中心地として多くの修験者が修行を積んでいました。国宝や重要文化財を所蔵しており、中でも平安時代に建立された五重塔は必見です。麓の伽藍は下醍醐と呼ばれ、醍醐天皇の祈願寺として大いに栄えたと伝えられています。

豊臣秀吉が「醍醐の花見」と呼ばれる盛大な花見をした場所として知られ、現在も伏見屈指の桜の名所です。毎年4月の第2日曜日には、醍醐の花見を再現した太閤花見行列という行事が行われています。

醍醐寺 詳細・アクセス情報

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社(京都伏見)

伏見稲荷大社

稲荷社の総本山である伏見稲荷大社は商売繁盛や学業成就・病気平癒などのご利益があることで知られています。境内には千年以上の歴史を誇る建造物が数多くあり、隅々まで見て回るには時間がかかるので、ぜひ時間を調整してじっくりと見学してみてください。特に、赤い鳥居が連なる参道の様子は圧巻の美しさです。

2月の初午大祭や7月の本宮祭など、1年を通してさまざまな行事が行われているため、チェックしてみるとよいでしょう。

伏見稲荷大社 詳細・アクセス情報

御香宮神社

御香宮神社(京都伏見)

御香宮神社

御香宮神社は、名水が湧き上がる神社として有名です。現在この水は名水百選の一つとして選ばれており、水を汲みに訪れる参拝客も多くなっています。

趣きのある境内には、弁財天を祀る弁天社や、お酒の神様を祀る松尾社もあるため、ぜひ同時に足を運んでみてください。重要文化財に指定されている本殿は、紅葉の時期になるとより美しく彩ります。その神聖な雰囲気を味わいながら、境内を散歩してみてはいかがでしょうか?

御香宮神社 詳細・アクセス情報

十石舟

十石舟(京都伏見)

十石舟

濠川で運行されている十石舟は、もともと酒や米を運ぶための輸送船だったものです。約55分の船旅では、川沿いに並ぶ酒蔵や伏見の街並み・四季折々の自然を楽しむことができます。川からゆっくりと眺める伏見の街並みはよりいっそう趣き深く、静かな時間を過ごすことができるでしょう。8月には夜間運行も行われており、船上から見る美しい夜景を堪能することができますよ。事前予約も可能なのでぜひチェックしてみてください。

十石舟 詳細・アクセス情報

長建寺

長建寺(京都伏見)

長建寺

長建寺には、京都で一番初めに咲くと言われている枝垂桜があります。毎年この桜を見るために国内外から大勢の観光客が訪れる人気スポットです。中国風の造りである山門は非常に珍しく、ほかの寺院では味わうことのできない雰囲気となっています。金運向上と開運のご利益があるお守りを授与してもらうこともできるため、ぜひ足を運んでみるとよいでしょう。

長建寺 詳細・アクセス情報

西岸寺

西岸寺は、油掛通沿いにある浄土真宗の寺院です。油掛地蔵さんという名で知られるお地蔵様が祀られており、商売繁盛のご利益があるといわれています。商運を願って訪れる人々によって油がかけられ黒光りしている地蔵尊は必見です。

地蔵堂は金曜日の午後1時から3時までしか開扉しないため、この時間に合わせて訪れることをおすすめします。参拝の際は1人200円の御油料を納めてください。

アクセス情報
住所:京都府京都市伏見区深草直違橋2丁目438-1
電話番号:075-641-5501
交通案内:京阪電車 藤森駅下車、徒歩5分
公式サイトhttp://www.saiganji.or.jp

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所