亀ヶ谷坂切通
?評価について

亀ヶ谷坂切通
鎌倉七切通のひとつで
アジサイが美しい道

亀ヶ谷坂切通(かめがやつさかきりどおし)は北鎌倉長寿寺脇にある鎌倉七切通のひとつです。切通しとは、山や丘を掘削して人馬が通行できるようにした道のこと。天井のないトンネルのような造りになっています。亀ヶ谷坂の切通しは亀さえも引き返すと言われた急な登坂ですが、北鎌倉へ入る近道として源頼朝も利用した道です。

今回は、亀ヶ谷坂切通の魅力や見どころをご紹介します。

01. 国史跡指定の
歴史ある古道

鎌倉は平地が少なく、海のすぐそばまで山が迫っている地形です。そのため切通しが古くから作られ、鎌倉に入る近道として盛んに使われてきました。

亀ヶ谷坂切通も、源頼朝が使用した記録も残っているほど古い切通しで、国史跡に指定されています。かなり急な坂道ですが、北鎌倉駅から鎌倉方面や海臧寺・銭洗弁財天方面に抜ける近道として盛んに利用され、現在でも現役です。

今は舗装こそされていますが、急な坂道であることは変わりありません。歩く場合はスニーカーがおすすめ。ヒールのある靴やサンダルですとかなり大変です。

02. 美しい
アジサイを愛でる

亀ヶ谷坂切通は、アジサイが美しい道としても知られています。アジサイが見ごろを迎えるのは毎年6月頃です。歩くのにもちょうどいい季節のため、1年で最も切通がにぎわいます。

ゆっくりアジサイを眺めたい場合は、朝早い時間か夕刻がおすすめです。ただし、街灯が少ないのであまり遅い時間になると足元もよく見えなくなります。日没が近い場合は、最も美しいといわれる長寿寺の脇のアジサイを観賞して引き返すのがおすすめです。

03. 亀ヶ谷坂切通
アクセス情報

住所:神奈川県鎌倉市扇ガ谷3
駐車場:なし(付近のコインパーキングを利用)
交通案内:JR横須賀線 北鎌倉駅から徒歩10分

亀ヶ谷坂切通

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所