中宮寺
?評価について

奈良 中宮寺
国宝の仏像や工芸品を有する
聖徳太子ゆかりの寺院

中宮寺(ちゅうぐうじ)は奈良県生駒郡斑鳩町、法隆寺の東院(夢殿)に隣接している寺院です。聖徳太子ゆかりの寺院で、聖徳太子建立七大寺の一つにも数えられています。国宝でもある木像半跏菩薩(もくぞうはんかぼさつ)、天寿国繍帳残闕(てんじゅこくしゅちょうざんけつ)を有している寺院としても有名です。

この記事では、中宮寺の魅力や見どころ・アクセス方法をご紹介しましょう。

01. 皇室と縁が深い
中宮寺の歴史

境内(中宮寺)

境内

中宮寺は、7世紀前半に建立されたといわれている寺院です。詳しいことは解明されていませんが、聖徳太子が建立したという説、聖徳太子の母である穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)が皇女が住む宮殿を寺院に改築したのが始まりという説の二つが有力です。

近年の発掘調査により、創建当時の中宮寺は、現在の場所から400m東にあったことが分っています。創建当時の伽藍配置は四天王寺と同じく、塔を南・金堂を北に配置した形式です。また、出土した瓦などから、法隆寺が僧院、中宮寺が尼僧院として建立されたと推測されます。

時代を下るにつれて中宮寺は衰退していき、平安時代には本尊が安置されている建物だけが残っているという有様でした。鎌倉時代中期になると、尼僧の信如(しんにょ)が寺院に入り、寺院は復興し始めます。信如は、法隆寺宝物蔵で所蔵されていた天寿国繍帳残闕(てんじゅこくしゅちょうざんけつ)を再び中宮寺に戻し、再興の拠り所としました。

江戸時代初期には、皇室から慈覚院宮(じかくいんのみや)を住職に迎え入れます。以後皇族や位の高い貴族が住職を務める門跡寺院として栄えました。現在も大和三門跡尼寺の筆頭として、高い格式を誇っています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所