龍安寺
?評価について

京都 龍安寺
石庭の美しさで名高い
世界遺産の寺院

京都市右京区にある龍安寺は、臨済宗妙心寺派の寺院です。妙心寺の境外塔頭の一つですが、現在は山内塔頭同様の扱いを受けています。石庭の名で知られる方丈庭園の美しさは、日本だけでなく海外でも有名です。1994年(平成6年)には、古都京都の文化財として世界遺産に登録されました。

この記事では、龍安寺の見どころや魅力をご紹介します。

01. 海外でも有名な
龍安寺の歴史

龍安寺は室町時代に創建されました。ここでは、寺院の歴史をかいつまんでご紹介しましょう。

室町時代から戦国時代まで

龍安寺は、1450年に室町幕府の管領だった細川勝元によって創建されました。元々この地には徳大寺実能(とくだいじさねよし)の山荘があり、この山荘を譲り受けて寺院を創建したと伝えられています。開山を務めたのは、妙心寺五世の義天玄承(ぎてんげんしょう)禅師です。

1467年、創建からわずか17年で寺院は応仁の乱の兵火によって焼失してしまいました。その後、1499年に細川勝元の子である細川政元と特芳禅傑(どくほうぜんけつ)によって寺院は再興されます。特芳禅傑は、義天玄承の弟子に当たる人物です。

戦国時代には織田信長や豊臣秀吉によって庇護され、寺領が与えられました。

江戸時代から現代まで

江戸時代になると龍安寺は物見遊山(ものみゆさん)の場として有名になり、当時の名所案内書にはオシドリの名所として紹介されています。1797年、火災のよって仏殿などの主要な伽藍が焼失してしまいました。その後、同じ塔頭寺院である西源院の方丈を移築して龍安寺の方丈とします。これが、現在の龍安寺方丈です。

明治時代に起こった廃仏毀釈が原因で寺院は一時衰退しますが、1975年(昭和50年)にイギリスのエリザベス女王が寺院を見学したことがきっかけとなり、石庭の美しさが海外にまで知られるようになりました。

現在は石庭が美しい世界遺産登録の寺院として、日本だけでなく海外からの観光客にも人気の場所になっています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所