?評価について

京都 鴨川納涼床
風雅な気分で飲食を楽しめる
夏の風物詩

京都祇園の夏の風物詩として有名な鴨川納涼床(かもがわのうりょうゆか)。鴨川のすぐ脇を流れる禊川(みそぎがわ)の上に川床が作られ、鴨川を臨みながら飲食を楽しむことできる一大イベントです。毎年5月から9月までの期間、五条通から二条通の区間にある飲食店100件ほどに設置され、多くの人で賑わいます。

この記事では、鴨川納涼床の魅力や一押し店舗をご紹介しましょう。

01. 江戸時代から続く
鴨川納涼床の歴史

鴨川納涼床の歴史は江戸時代から始まります。江戸時代初期、鴨川の川べりは歌舞伎踊りなどが楽しめる歓楽街になっており、たくさんの人々が遊びに訪れていました。やがて、遊びに来た人々をターゲットとして飲食店が増え、川の浅瀬に簡易的な飲食スペースを作るようになります。これが川床の始まりです。

明治時代になると、7・8月に鴨川の浅瀬に床を出す風習が定着しました。この頃の川床は規格が統一されておらず、色々なタイプがあったと伝えられています。

昭和に入ると通年の川床が廃止となりました。鴨川の水害によって川床が流されるなどの被害も続き、徐々に川床は衰退していきます。川床が納涼床として復活したのは戦後のことです。

現在の納涼床は、納涼床許可基準によって規格が統一されており、納涼床を出す時期も決まっています。昼の納涼床は5月と9月、夜の納涼床は5月~9月まで楽しむことができ、観光客だけでなく地元の方にも人気です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所