随心院
?評価について

京都 随心院
季節の花々が美しい
小野小町ゆかりの寺院

京都山科にある随心院 (ずいしんいん)は、真言宗善通寺派の大本山です。元々は牛皮山曼荼羅寺(ぎゅうひざんまんだらじ)の塔頭寺院でしたが、応仁の乱で曼陀羅寺共々伽藍がことごとく焼けてしまい、江戸時代になって随心院だけが再建されました。小野小町が晩年を過ごした寺院と伝わっており、境内には小野小町ゆかりの史跡が現存しています。

この記事では、随心院の歴史や魅力・見どころ・アクセス情報などをご紹介しましょう。

01. 門跡寺院だった
随心院の歴史

本堂から庭園を望む(随心院)

本堂から庭園を望む

随心院は、平安時代末期、牛皮山曼荼羅寺(ぎゅうひざんまんだらじ)の塔頭寺院として建立されました。牛皮山曼荼羅寺は991年に仁海(にんがい)という僧侶が建立した寺院です。

仁海は、亡くなった母親が牛に生まれ変わるという夢を見て、夢とよく似た牛を探し出して飼い始めます。しかし、ほどなくして、その牛は死んでしまいました。悲しんだ仁海は、その牛の皮をはいで曼陀羅を描き、建立した寺院の本尊にしたといいます。この本尊にちなんで寺院の名が牛皮山曼荼羅寺となりました。

随心院が建立されたのは、仁海から数えて5代目の住職である増俊(ぞうしゅん)の時です。その後、随心院は天皇の祈願所となり、後堀河天皇の命令で皇族や公卿が住職を務める門跡寺院となりました。

随心院は牛皮山曼荼羅寺と共に大いに栄えますが、応仁の乱の戦火によって伽藍のほとんどが燃えてしまいます。1599年、牛皮山曼荼羅寺の跡地に随心院の本堂が再建されました。

1941年、随心院は真言宗善通寺派となり、総本山に昇格します。現在では、境内のライトアップを行ったりミス小町コンテストを企画したりと新しい仏閣のあり方を追求している寺院です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所