野村美術館(哲学の道)
?評価について

京都 野村美術館
立礼で茶道が楽しめる
小さな美術館

野村美術館は哲学の道付近にある美術館で、野村証券や旧大和銀行を創立した実業家、野村徳七のコレクションを元に造られています。野村徳七は実業家であると同時に、茶の湯や能楽に親しむ文化人でもありました。そのため、コレクションは茶道具・能面・能装束などが中心です。美術館に収蔵されているコレクションは1,700点にも及び、中には重要文化財が7点含まれています。美術館には立礼茶室があり、いす席で茶道が楽しめると好評です。

2016年の秋季展示会を最後に、美術館はリニューアルのために12月5日から長期休館に入ります。次回の展示会は2018年9月の予定です。

この記事では、野村美術館の見どころや魅力をご紹介します。

01. テーマ別の
企画展を楽しむ

美術館では、野村氏のコレクションを中心に展示を行っています。通常の美術館は常設展と企画展が1年を通して行われますが、野村美術館は春季と秋季に展示替えを兼ねて定期的に企画展を行うのが特徴です。夏季と冬季は美術館自体をお休みします。

リニューアル前最後の企画展は、「いとをかし 和もの茶わんの世界」です。樂了入作の金入若松絵茶碗や永楽保全作の秋草絵茶碗などが展示され、前期と後期で展示替えが行われます。和もの茶わんとは、日本で作られた茶わんのことです。茶道具の代表的な品物である茶碗が多数展示されます。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所