観音崎公園
?評価について

横須賀 観音崎公園
海あり山ありの大自然の中
たっぷり遊べる県立公園

観音崎公園は東京ドーム15個分という広大な敷地を誇る横須賀の県立公園です。かつては東京湾を守る要塞として旧日本軍が使用しており、1975年に県立都市公園として整備・開放されるまで一般者の立ち入りはご法度でした。そのため、手付かずの自然が多く残されながらも、歴史や文化に触れることのできる施設・スポットが点在しています。

そこで、この記事では、観音崎公園の見どころや楽しみ方を紹介しましょう。一日ですべてを回るのは難しいため、山側・海側のどちらをメインに回るかを事前に決めて行くことをおすすめします。

01. 観音崎公園の
魅力を3つ紹介!

軍事要塞としての役目を担っていた観音崎公園ですが、県立公園となった現在、レジャースポットとして楽しむことのできるポイントが園内各所にあふれています。ここでは、その魅力について解説していきましょう。

海と山を間近に楽しめる

観音崎公園

観音崎公園の海岸

観音崎公園の魅力は、山と海を同時に楽しめることです。海側には海水浴ができる砂浜があり、浜辺でバーベキューを楽しんだり、浦賀水道を航行する世界の船を観察したりできます。山側では、森の散策に留まらず、アスレチック遊具が設置されたアスレチックの森で思う存分体を動かすことも可能です。 全長約100mのロングローラー滑り台は、子どもだけでなく、大人も童心に返って楽しむことができるでしょう。予想外のスピードに興奮すること間違いなしです。

季節の花や海を眺めながらの散策

観音崎公園

森の中のようなところも

園内の舗道は整備されているものの、階段や坂が多く、まるで森の中を散策しているような感覚になることも。また、観音崎エリアは湿度が高いため、張り切って上り・下りを繰り返していると思いのほか疲れてしまいます。無理はせず、季節の花々や海の景色を楽しみながらゆったりと散策するのがおすすめです。

なお、横須賀美術館の目の前にある観音崎京急ホテルには、温浴施設SPASSOが隣接しています。東京湾を望みながらお風呂につかって疲れを癒すのもよいでしょう。

観音崎公園を回るおすすめ2コース

観音崎公園を回る際、山側・海側のどちらから行くかによって見える景色も変わってきます。それぞれ、おすすめコースを紹介しましょう。

01. 山側から回るコース

山側から回るコースは、横須賀美術館からスタートします。砲台跡を見ながら森を散策し、花の広場にゴール! その後Uターンして戻るというコースです。このコースなら重要な見どころをバッチリ押さえることができます。

02. 海側から回るコース

海沿いの駐車場に車を停め、海岸通りを散策しながら権現洞や航行する船舶を楽しむルートです。余裕があれば観音埼灯台に立ち寄るのもおすすめです。海沿いでは、海から昇る月も観察できます。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所