覚園寺
?評価について

鎌倉 覚園寺
鎌倉時代の風情が
色濃く残る古刹

二階堂にある覚園寺は、1218年に建てられた薬師堂を1296年に寺院に改めた古刹です。鎌倉時代の風情を色濃く残した場所として知られています。仏像彫刻の多彩さは鎌倉有数ですが、拝観時間が限られているため訪れる方は多くありません。拝観日でも雨が降れば拝観中止になります。それでも、時間を調整して訪れる価値は十分にある場所です。

今回は、覚園寺の見どころや魅力をご紹介しましょう。

01. 薬師堂だった
寺院の歴史

境内(覚園寺)

苔で覆われている庭園

覚園寺は鎌倉幕府二代執権・北条義時によって1219年、薬師堂として建立されました。1296年、第九代執権のに北条貞時が二度と元寇襲来が発生しないことを祈願して寺院へと昇格させます。その後、火事で伽藍が焼失しますが1354年に足利尊氏によって再建されました。

室町時代以降、寺院は後醍醐天皇など時の権力者の庇護を受けて栄えます。現在まで寺院が荒れ果ててしまうことはありませんでした。今では鎌倉時代の風情を色濃く残し、多数の仏像彫刻を所有する寺院として知られています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所