知恩院
?評価について

京都 知恩院
大規模な伽藍群で有名な
法然上人ゆかりの寺院

京都東山区にある知恩院は、京都有数の大伽藍群を持つ浄土宗総本山です。法然上人が建立した小さな草庵が元になっており、上人が晩年を過ごした地でもあります。現在ある大規模な伽藍群は江戸時代に入ってから造られたものです。将軍家から一般庶民にまで篤く信仰された寺院で、今でも地元住民からは「ちおいんさん」の愛称で親しまれています。

この記事では、知恩院の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 開山者は法然上人
知恩院の歴史

法然上人像(知恩院)

法然上人像

浄土宗の総本山である知恩院は、法然上人ゆかりの地に建てられた寺院です。この項では、寺院の歴史を簡単にご紹介します。

開山から江戸時代まで

知恩院を建てたのは、浄土宗の開祖である法然上人です。鎌倉時代初期に現在の勢至堂(せしどう)付近に建てた草庵が始まりといわれています。法然上人は1175年に浄土宗を開きましたが、その教えは既存の仏教勢力から激しい攻撃の対象となり、1207年に香川県へ流罪になりました。1211年に上人は許されて京都へ戻りますが、翌年に80歳で亡くなります。

法然が晩年に暮らしていた住居は大谷禅坊(おおたにぜんぼう)と称されていましたが、1234年に法然の弟子であった勢観房源智(かんぜんぼうげんち)が、四条天皇より華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざんちおんきょういんおおたにでら)の寺号を下賜されました。現在の知恩院の名称はこの寺号に由来するものです。

1467年に応仁の乱が起こると、戦火によって知恩院の伽藍は焼失してしまいます。このとき、住職たちは一時的に滋賀県大津市に避難し、新しく堂舎を建てました。これが現在滋賀県大津市にある新知恩院です。

江戸時代から現在まで

江戸幕府を開いた徳川家康は、熱心な浄土宗の信徒としても知られています。家康は1608年に知恩院の寺領を拡大し、大規模な伽藍の造営に着手しました。伽藍の造営は二代将軍秀忠に引き継がれ、1641年頃に現在の大伽藍群が完成します。

徳川幕府の庇護を受け、寺院は大いに栄えました。江戸時代の間、知恩院の住職は代々皇族が務めましたが、住職たちは徳川家の猶子(相続権を持たない養子)にもなっています。

明治時代になると廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)が起こり多くの寺院は衰退していきましたが、知恩院はほとんど影響を受けることはありませんでした。

現在は京都屈指の大伽藍を持つ寺院として全国的に有名になり、参拝者が絶えず訪れる人気スポットとなっています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所