湯島聖堂(湯島)
?評価について

東京 湯島聖堂
近代教育発祥の地と呼ばれる
樹木豊富な都会のオアシス

文京区湯島にある湯島聖堂は、孔子廟(こうしびょう)や昌平坂(しょうへいざか)学問所跡を含む史跡です。江戸時代は官立の大学のような役割を担い、明治初期には文部省も置かれていました。お茶の水女子大や筑波大学の前身となった大学も開かれていた場所で、日本近代教育発祥の地と呼ばれています。

この記事では、湯島聖堂の歴史や見どころをご紹介しましょう。

01. 将軍が作った
湯島聖堂の歴史

入徳門と石段(湯島聖堂)

石段の上から入徳門を望む

湯島聖堂は、1690年、五代将軍徳川綱吉の命令によって建てられた孔子廟と朱子学(しゅしがく)の学問所です。孔子廟や学問所は、元々儒学者である林羅山(はやしらざん)の屋敷内にあったものでした。綱吉はそれを現在の場所へ移転させ、規模も大きなものにします。綱吉は孔子廟を大成殿(だいせいでん)と名付け、正面に掲げる額の字を自ら執筆しました。

綱吉が建てた建物群は何度かの火災に遭い、その度に再建されましたが徐々に荒廃していきます。1797年、幕府はこれらの建物を直轄の学問所として再興し、昌平坂学問所としました。

明治になると新政府の手によって学問所は大学になりましたが、1871年(明治4年)には閉鎖されてその後文部省が置かれます。閉鎖された大学は後に移転し、筑波大学やお茶の水女子大になりました。

1922年(大正11年)には国の史跡に指定されますが、1923年(大正12年)に発生した関東大震災で建物が大きな被害を受けます。1935年(昭和10年)には、江戸時代の様式はそのままに、大成殿などが鉄筋コンクリートで再建されました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所