浦賀の渡し
?評価について

浦賀の渡し
地元市民に愛されている
風流な交通手段

浦賀の渡しは、江戸時代から浦賀の人々に愛用されている渡し船です。浦賀町は浦賀港をはさんで西と東に分かれているため、港を迂回して対岸に行くのはとても遠回りになります。だからといって、船の運行があるため橋をかけるわけにはいきません。そこで、今でも渡し船が重要な交通手段として重宝されているのです。市民の間ではポンポン船の愛称で親しまれています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所