法隆寺
?評価について

奈良 法隆寺
世界最古の木造建築がある
世界遺産登録の寺院

奈良県斑鳩町にある法隆寺は、聖徳太子と推古天皇によって建立された寺院で、聖徳宗の総本山でもあります。世界最古の木造建築物群を有する寺院として有名で、1993年には世界遺産に登録されました。飛鳥時代・奈良時代に作られた仏像や仏教工芸品などの文化財を多数所蔵しており、東大寺や春日大社と並んで奈良を代表する観光スポットです。

この記事では、法隆寺の歴史や見どころをご紹介します。

01. 飛鳥時代より続く
法隆寺の歴史

参道(法隆寺)

参道

法隆寺は600年代初頭に建立された寺院で、約1400年もの歴史があります。この項では、長い法隆寺の歴史をかいつまんでご紹介しましょう。

創建から江戸時代まで

法隆寺は聖徳太子の父である用明天皇が建立を望み、聖徳太子と推古天皇がその意志を継いで607年に建立しました。創建当初は斑鳩寺(いかるがでら)と称していたと伝えられています。

670年頃には伽藍が火事で焼失しますが、すぐに再建され、711年頃に世界最古といわれる木造建物群が完成しました。この建物群は現在、西院と称されています。

738年頃、行信僧都(ぎょうしんそうず)という僧侶が、聖徳太子の菩提を弔うために斑鳩宮(いかるがのみや)の跡地に、夢殿や舎利殿を中心とした伽藍群を建立しました。これが、現在の東院です。斑鳩宮は聖徳太子の住居だった場所で、東院は長らく聖徳太子信仰の中心となります。

17世紀初頭、豊臣秀頼によって最初の伽藍修復が行われました。

江戸時代から現代まで

江戸時代前期、五代将軍徳川綱吉の母、桂昌院が再び伽藍修復を行いました。法隆寺は江戸時代末期まで歴史ある寺院として大いに栄えますが、明治になると廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の影響を受け、寺院を維持していくのが難しくなります。そのため、寺院が所有する宝物の一部を皇室に献上し、寺院の維持費を用立ててもらいました。この時献上された宝物は、法隆寺献上宝物と呼ばれ、現在は東京国立博物館の法隆寺宝物殿に保管されています。

1934年(昭和9年)、法隆寺伽藍の大修復がスタートしました。この修復工事は太平洋戦争を挟んで1985年(昭和60年)まで続き、昭和の大修復と呼ばれています。修復工事中と並行して法隆寺が所蔵する膨大な文化財の再調査も行われました。

1993年、法隆寺はユネスコの世界遺産に登録されます。現在は、世界最古の木造建築物群を有する寺院として、日本だけでなく海外からも参拝客が途切れることはありません。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所