法起寺
?評価について

奈良 法起寺
飛鳥時代建立の塔が残る
世界遺産登録の寺院

法起寺(ほうきじ)は、奈良県の斑鳩町、法隆寺より1.5kmほど東北に位置する聖徳宗の寺院です。元々は皇族の住まいで、聖徳太子が法華経の講説を行ったという伝説が残っています。聖徳太子の死後、息子の山背大兄王(やましろのおおえのおう)によって寺院に改められました。飛鳥時代に建立された三重塔が現存しており、世界遺産にも登録されています。

この記事では、法起寺の魅力や見どころ・アクセス方法などをご紹介しましょう。

01. 飛鳥時代から続く
法起寺の歴史

遠景(法起寺)

法起寺遠景

聖徳太子の息子である山城大兄王(やましろのおおえのおう)が、皇族の住まいであった岡本宮を寺院に改めたと伝えられています。岡本宮は聖徳太子が法華経の講説を行った場所で、太子は亡くなる前に岡本宮を寺院に改築するようにと遺言を残しました。聖徳太子の命で造られたことから、聖徳太子建立七大寺にも数えられています。

実際に寺院が完成したのは700年代のことです。建立当初は、宮の名前にちなんで岡本寺という名前でした。ちなみに、法起寺は岡本寺の他にも、岡本尼寺・池後寺(いけじりでら)などの別名があります。

法起寺は奈良時代までは大いに栄えましたが、その後衰退していきました。鎌倉時代に講堂や三重塔が修復されたものの、室町時代になると再び荒廃し、江戸時代初期の頃には三重塔以外の建物が失われています。

その後、1637年頃から真政圓忍(しんせいえんにん)らによって寺院の復興が始まりました。1863年までかかって現在の伽藍が整えられたと伝えられています。復興した法起寺はその後は荒廃することもさびれることもありませんでした。

1960年(昭和35年)には境内の発掘調査が行われます。その結果、金堂(本堂)が西、塔が東に建つ独特の形式であることが分かりました。今ではこのような並びの伽藍配置は、法起寺式伽藍配置と呼ばれています。

1993年、法起寺は法隆寺と共に世界遺産に登録されました。この際、寺院の呼び名が「ほっきじ」から「ほうきじ」へと改められ、現在に至ります。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所