杉本寺
?評価について

鎌倉 杉本寺
三体の十一面観音像が本尊の
鎌倉最古の寺院

金沢街道沿いにある杉本寺は、鎌倉幕府が開かれる約500年前、平安時代初期に造営された天台宗の寺院です。鎌倉最古の寺院として知られており、三体の十一面観音像を本尊としています。苔むした階段や南北朝時代の戦いの死者を弔った五輪塔群など、見どころも豊富です。

今回は、杉本寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 行基が建立した
寺院の歴史

杉本寺は、734年、聖武天皇の后であった光明皇后の御願により行基によって建立されました。1189年に境内で火災が発生した際、本尊である3体の十一面観音像が自ら庭内の大杉の下に逃げたという話が伝わっています。このときから本尊は杉の本の観音と呼ばれるようになりました。

1191年に源頼朝が寺院を再興し、立像7尺の十一面観音像を寄進したと伝えられています。その後杉本寺は鎌倉幕府滅亡の際に戦場にはなったものの、目立った荒廃や廃寺の危機に陥ることはありませんでした。現在まで多くの人々の信仰を集めています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所