本法寺
?評価について

京都 本法寺
本阿弥光悦作の庭園が美しい
京都の隠れた名所

本法寺は京都市上京区、西陣のすぐ近くにある日蓮宗の本山です。室町時代に日親上人(にっしんしょうにん)よって開かれました。江戸時代初期に活躍した芸術家である本阿弥光悦の菩提寺であり、寺院には光悦が作庭した庭が今でも残されていて国の名勝に指定されています。

この記事では、本法寺の歴史や魅力・見どころ・アクセス方法をご紹介しましょう。

01. 芸術家に縁ある
本法寺の歴史

境内(本法寺)

境内

本法寺は1436年に日親上人(にっしんしょうにん)によって建立されました。当初は四条高倉にあり、その後一条戻り橋近辺に移ったと伝えられています。

現在の場所に伽藍が再建されたのは1587年のことです。この移転の際、熱心な法華経信者だった本阿弥光悦が私財をなげうって協力し、自身の菩提寺に定めました。本阿弥光悦は書道・絵画・陶芸・作庭と多方面に才能を発揮した芸術家で、光悦が作庭した三巴の庭は、今では国の名勝に指定されています。

江戸時代になると、寺院は後水野尾天皇と紀州徳川家に保護されて大いに栄えました。1787年の天明の大火によって伽藍の大部分が焼失しましたが、その後再建されています。

現在は、庭の美しい寺院として地元の方にも親しまれている観光地としても人気のスポットです。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所