慈光院
?評価について

奈良 慈光院
茶道の家元が建立した
精進料理も楽しめる寺院

江戸時代から続く
慈光院の歴史

参道(慈光院)

参道

慈光院は1603年に大和小泉藩二代目藩主、片桐貞昌(かたぎりさだまさ)が父、貞隆(さだたか)の菩提を弔うために建立した寺院です。寺院を建立するにあたり、京都の大徳寺から185代目の住職である玉舟和尚(ぎょくしゅうおしょう)を初代住職として招きました。

片桐貞昌は、戦国武将で千利休の長男、道安の弟子でもある桑山宗仙(くわやまそうせん)から茶の湯を習い、やがて片桐石州の名で石州流という流派を築いて開祖となります。貞昌は、四代将軍徳川家綱の茶道指南役も務めました。

慈光院の境内にある建物は、茶人である片桐石州の美意識が結集した設計で、茶席に必要な施設で寺院が構成されています。そのため、現在まで寺院にある建物の配置は変わることはなく残され続けてきました。300年前に活躍した茶人の美意識を現代に伝えている貴重な場所です。

風雅な
慈光院の魅力

慈光院の境内は、江戸時代初期に活躍した文化人の趣向が隅々にまで凝らされています。この項では、そんな寺院の魅力をご紹介しましょう。

境内の自然と建物の組み合わせ

自然に囲まれた本堂(慈光院)

自然に囲まれた本堂

慈光院の境内は、訪れた人の目を楽しませるためにさまざまな工夫が凝らされています。その一つが自然と建物の組み合わせです。通常、寺院の屋根は瓦葺であることが一般的ですが、慈光院は茅葺と瓦葺が組み合わさった屋根となっており周囲の自然としっくりなじみます。

また、境内の中で雰囲気の一変が楽しめるのも魅力です。一之門から茨木門までの参道が鬱蒼とした木立に囲まれているのに対し、茨木城楼門の先は明るく開放感に満ちた空間が広がっています。

奥座敷で味わえる精進料理

慈光院は、事前に予約をすれば奥座敷で精進料理が味わえます。取り立てて珍しい食材は使われていませんが、丁寧に作られた料理は滋味深いものです。中でも、玉ねぎを丸ごと3~4時間煮込んだ玉ねぎの丸煮は慈光院の名物として広く知られています。

また、慈光院では小泉名物の石州素麺を販売しており、お土産にもおすすめです。この素麺は油を使っていないのが特徴で、江戸時代初期からおいしい素麺として有名でした。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所