嵯峨野トロッコ列車
?評価について

京都 嵯峨野トロッコ列車
保津川沿いの絶景を
のんびり楽しむ

嵯峨野トロッコ列車は、嵐山から亀岡市までの7.5キロを走る全席指定の観光列車です。トロッコ列車は元々荷物輸送用の小型貨車ですから、スピードは出ません。平均時速25キロくらいでゆっくりと保津川沿いを走ります。その分、沿線の美しい自然が存分に堪能できると人気です。特に、春や秋は桜や紅葉目当てにたくさんの人が利用します。

この記事では、嵯峨野トロッコ列車の魅力や停車駅周辺の見どころをご紹介しましょう。

01. ゆっくり走る
列車の魅力

トロッコ列車は嵐山屈指の人気観光スポットです。ここでは、その魅力をご紹介しましょう。

保津川沿いの美しい自然が臨める

保津川沿いを走る(嵯峨野トロッコ列車)

保津川沿いを走る嵯峨野トロッコ列車

トロッコ列車は嵯峨から亀岡まで、保津川沿いを走ります。車窓からは四季折々の自然はもちろんのこと、渓流や奇岩など見どころが豊富です。

トロッコ列車の平均時速は少し早めの自転車程度。このくらいのスピードなら車窓から見られる美しい景色を存分に堪能できます。しかも、特に景色が美しい場所ではさらに速度を落としてくれるので、「あの絶景を見逃してしまった」ということもありません。

桜や紅葉が美しい春と秋には特に利用者が増えますが、夏の深い緑や冬景色もそれぞれ違った美しさがあります。

レトロな列車の乗り心地を楽しむ

裸電球がつり下がる車内(嵯峨野トロッコ列車)

裸電球がつり下がる車内

トロッコ列車は、ディーゼル機関車に引っ張られてゴトゴト走るレトロな列車です。アールデコ調の5両編成の客車の中には、木製椅子と裸電球が設置されています。若い人には新鮮で、年配の方には懐かしさを感じる造りです。冬には石炭ストーブを積んだストーブ列車が登場し、ノスタルジックな気分を高めてくれます。

トロッコ列車には窓ガラスのないオープン車両「ザ・リッチ号」(5号車)があり、一番人気です。保津川を渡る風や日の光をダイレクトに感じれば、野山をかけ回っている気分になれます。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所