早川渓谷の紅葉(宮ノ下・小涌谷・二ノ平)

宮ノ下・小涌谷・二ノ平
明治時代から栄えた
箱根有数の温泉地

宮ノ下・小涌谷・二ノ平エリアは明治時代から外国人向けのリゾート地として栄え、チャールズ=チャップリンやヘレン=ケラーなど、歴史に名を残す著名人も多く訪れている箱根有数の観光名所です。豊かな自然の中に大正レトロな洋風建築が立ち並ぶ街並みは、外国人向けのリゾート地であった当時の情景を思い起こさせます。

この記事では、宮ノ下・小涌谷・二ノ平の見どころやおすすめスポットからランチ・温泉施設に関する情報まで、一挙紹介! 箱根周辺の観光を計画中の方は、ぜひ参考にしてください。

01. 宮ノ下の
見どころ&おすすめスポット

明治時代より外国人向けの保養地として栄えた宮ノ下は、歴史を感じることのできるレトロな建物や豊かな自然を満喫できるスポットがたくさんあります。ここでは、そんな宮ノ下の見どころ・おすすめスポットを紹介しましょう。

堂ヶ島渓谷遊歩道

堂ヶ島渓谷遊歩道(宮ノ下・小涌谷・二ノ平)

堂ヶ島渓谷遊歩道

もともとは東京電力が河久保水力発電所をメンテナンスするために作ったもので、堂ヶ島から木賀温泉までの約1.5キロがハイキングコースとして開放されています。道自体は整備されているものの、上り下りがかなり険しい箇所も多く、遊歩道という名前の割にはかなりきついコースです。サンダルやヒール靴などで行くのは危険なので注意してください。

道沿いには手付かずの自然が多く残されており、秋には紅葉が見ごろを迎えます。徒歩でしか入ることができないためシーズン中でも比較的人が少なく、ゆったり落ち着いて紅葉を楽しむことのできる穴場スポットです。

堂ヶ島渓谷遊歩道 詳細・アクセス情報

02. 小涌谷の
見どころ&おすすめスポット

蛇骨渓谷の上流部に位置する小涌谷は、涼しげな滝や紅葉など、自然の美しさを堪能できるスポットとして人気の観光地です。ここでは、小涌谷に行ったらぜひ押さえておきたい見どころ・おすすめスポットを紹介します。

千条の滝

千条の滝(宮ノ下・小涌谷・二ノ平)

千条の滝

蛇骨川渓谷の上流に位置する滝で、高さ3m・幅25mという珍しい形をしています。滝の流れる様子が印象的で、岩肌から流れ落ちる水が糸のようにいく筋に分かれていることから千条の滝と名付けられました。

滝の周辺は自然が豊かで、初夏にはゲンジボタル、秋には紅葉など、四季を通して楽しむことができるのも魅力です。さまざまなハイキングコースの分岐点となっており、ハイキングをする人々の癒しスポットにもなっています。

千条の滝 詳細・アクセス情報

岡田美術館

2013年に完成した比較的新しい美術館で、名誉館長の岡田和生氏が集めたコレクションを展示するために作られました。掛軸や屏風・やきもの・土偶や埴輪・蒔絵・仏像など日本や東アジアの美術品や考古遺品が収蔵されており、喜多川歌麿の肉筆大作『深川の雪』・伊藤若冲の『孔雀鳳凰図』が展示されていることでも知られています。

美術作品が楽しめる以外にも、敷地内の豊かな自然に包まれた庭園も魅力の一つです。滝や清流が整備され、秋にはきれいな紅葉を見ることもできます。今後、箱根の新名所としてさらに脚光を浴びること間違いなしです。

岡田美術館 詳細・アクセス情報

03. ニノ平の
見どころ&おすすめスポット

ニノ平は温泉テーマパークや自然と一体になった美術館など、子供から大人まで楽しむことができる観光地です。ここでは、二ノ平の見どころ・おすすめスポットを紹介します。

彫刻の森美術館

箱根彫刻の森美術館(宮ノ下・小涌谷・二ノ平)

箱根彫刻の森美術館

彫刻の森美術館は、箱根の豊かな自然を生かして作られた国内初の野外美術館です。7万平方メートルの庭園にヘンリー・ ムーアやロダン、ニキ・ド・サン・ファールといった近・現代を代表する彫刻家による作品が120点以上展示されています。子供が中に入って遊ぶことのできるプレイスカルプチャーや迷路や探検を楽しめるプレイスポットなどもあり、小さなお子様連れのご家族にもおすすめです。

施設内にはピカソの陶芸作品を中心としたピカソ館も併設されています。ここでしか見ることのできない作品も多く、ファンならずとも一度は訪れておきたいスポットです。

彫刻の森美術館 詳細・アクセス情報

箱根小涌園ユネッサン

箱根小涌園ユネッサンは温泉複合施設です。東京ドーム約3個分ちう広大な敷地内には102種類のお風呂があり、ワイン風呂やコーヒー風呂といったユニークなお風呂から箱根の雄大な自然を望む大庭園露天風呂まで、さまざまなお風呂が楽しめます。

レストランやマッサージ・エステなど、館内施設も充実。レストランは水着で入場できるので、入浴の合間にお腹が空いたときにも気軽に利用できます。施設周辺には箱根ホテル小涌園・B&Bパンシオン箱根・箱根小涌園 美山楓林といったホテルもあり、箱根観光の拠点にも最適です。

箱根小涌園ユネッサン 詳細・アクセス情報

04. 宮ノ下・小涌谷・二ノ平の
おすすめランチ

宮ノ下・小涌谷・二ノ平は、すぐ近くにある強羅に比べて知名度は低いものの、彫刻の森美術館をはじめ観光スポットも複数あり、ランチを楽しめるお店も多数点在しています。ここでは、宮ノ下・小涌谷・二ノ平のランチスポットをご紹介しましょう。

奈可むら

箱根彫刻の森美術館のすぐそばにあるそば屋さんです。テーブル席だけでなくお座敷席もあるので、箱根の森美術館を存分に散策した後、靴を脱いで休みたいという方にもおすすめ。そばに使う野菜や素材はできるだけ地元のものにこだわり、地産地消を心がけています。小田原のかまぼこなど、お酒のおつまみも豊富です。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1156
電話番号:0460-82-1643
営業時間:11~19時
定休日:木曜日
駐車場:8台
アクセス:箱根登山鉄道「彫刻の森駅下車」徒歩5分

渡辺ベーカリー

名物の「温泉シチューパン」が有名なパン屋さんです。店内には10席ほどのイートインコーナーがあり、飲み物と一緒にシチューパンを味わうことができます。シチューが詰められたパンはボリュームがあるので、軽めのランチにはぴったりです。これ以外にもいろいろなパンが販売されているので、気候のよい時期はテイクアウトしたパンを公園などで食べるのもよいでしょう。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下343
電話番号:0460-82-2127
営業時間:9時30分~17時
定休日:水曜日・毎月第3火曜日
駐車場:3台
アクセス:箱根登山鉄道「宮ノ下駅」からバスに乗り「ホテル前」で下車後、徒歩ですぐ。
公式サイトhttp://www.miyanoshita.com/watanabe/

とろろ汁専門店 むぎとろや

店名の通り麦とろ専門のお店です。基本は麦ごはんととろろ汁ですが、なめたけやわさび・梅干しなどのトッピングが数種類選べます。1杯目は普通に食べて、2杯目はお好きなトッピングで食べるのがおすすめです。するするとのど越しのよいとろろは暑い夏を乗り切る滋養食として昔から人気がありました。箱根観光で疲れたら、麦とろを食べて疲労回復しましょう。

アクセス情報
住所
:神奈川県足柄下郡箱根町箱根81 箱根名物雲助だんご本舗2F
電話番号:0460-83-5551
営業時間:11~15時30分
定休日:年中無休
駐車場:なし
交通情報:箱根登山バス「箱根前」下車後、徒歩2分。
公式サイトhttp://www.hakone-mugitoroya.jp/

いろり家

お食事処兼居酒屋。宮ノ下の穴場的なお店でしたが、東京テレビのドラマ「孤独のグルメ」で取り上げられて以来、一気に有名になりました。昼のメニューはアワビ丼と足柄牛のステーキの2種類です。どれもちょっと値段は張りますが、それだけの価値があります。「せっかく旅行に来たのだからおいしいものが食べたい」という方は、ぜひ訪れてみてください。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下296
電話番号:0460-82-3831
ランチタイム営業時間:11時30分~13時30分
定休日:木曜日
駐車場:なし
アクセス:箱根登山鉄道宮ノ下駅より徒歩5分

05. 宮ノ下・小涌谷・二ノ平の
日帰り温泉施設

箱根は日本を代表する温泉地です。同じ箱根内にもいろいろな温泉があり、場所が変われば温泉の質も変わります。今回は、宮ノ下・小涌谷・二ノ平でおすすめの温泉施設をご紹介しましょう。日帰りでも利用できますから、観光の途中でも立ち寄れます。

楽遊壽林自然館

1日100組限定の日帰り専門温泉施設です。お湯はぬるめですが、その分長時間つかることができ、体の芯まで温まります。貸切風呂は早い者勝ちですので、どうしても入りたい方は早めに来館しましょう。電話での予約も受け付けてくれますが、行楽シーズンは来館者が優先になります。貸切風呂は飲み物の持ち込みもできるので、好きな飲み物を持ち込むのもおすすめです。ただし、お酒を飲みながらの入浴は危険ですので、注意してください。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下225
電話番号:0460-82-0265
営業時間:10~19時
定休日:水曜日
入泉料:大人2,500円 小学生以下1,500円
駐車場:16台
アクセス:箱根登山鉄道宮ノ下駅から徒歩10分

てのゆ

露天風呂と内風呂、さらにマッサージコーナー・御食事処・休憩コーナーを備えた日帰り専門の温泉施設です。ナトリウム塩化物泉のお湯は滑らかでお肌への刺激も少なく、小さな子どもでも大丈夫。貸切風呂も3か所設置されていますので、気がねなく家族やカップルで入浴したいという方におすすめです。

アクセス情報
住所: 神奈川県足柄下郡箱根町底倉555
電話番号:0460-86-1026
営業時間:11~19時(土日祝日 20時まで)
定休日:不定休
入泉料:平日 大人1,300円・子ども400円/土日祝日 大人1,700円・子ども500円
駐車場:あり
交通案内:箱根湯本駅より「仙石・桃源台」行き乗車「木賀温泉入り口」下車後、徒歩3分。
公式サイトhttp://www.tenoyu.jp

太閤湯

源泉100%かけ流しのお風呂が楽しめる箱根一安いと自称する日帰り温泉施設です。入泉料は大人が400円と銭湯並み。お湯の温度はかなり熱いのですが、入るとさっぱりします。小さい子どもや高齢者は注意して入浴してください。一度入泉料を払えば出入りが自由なので、辺りを散歩しながら温泉に繰り返し入浴するのもおすすめです。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下223
電話番号:0460-82-4756
営業時間:10~21時
定休日:水曜日・第3火曜日(祝日除く)
入泉料:大人400円・子ども300円・休憩所利用500円
駐車場:なし
アクセス:箱根登山鉄道宮ノ下駅下車、徒歩15分。
駐車場:専用は無し

亀の湯 共同浴場

昔ながらの銭湯のような温泉施設です。この施設は個人が営業していて、まるで民家のような作りになっています。訪ねる方は見逃さないように注意してください。看板も小さくてシンプルです。愛犬も一緒に楽しめる足湯もありますので、犬連れで訪れる旅行者の隠れた人気スポットにもなっています。無色透明の単純泉はいつまでも入ってられそうな気持ちよさです。

アクセス情報
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1080
電話番号:0460-82-2344
営業時間:11~21時
定休日:不定休
入泉料:大人550円・子ども400円・貸切風呂750円
駐車場:あり
アクセス:箱根ケーブルカー彫刻の森駅より徒歩7分

06. 宮ノ下・小涌谷・二ノ平
まとめ

いかがでしたか? この記事では宮ノ下・小涌谷・二ノ平エリアの見どころやおすすめスポットからグルメ・温泉までさまざまな情報をお届けしました。箱根観光の際は、ぜひ宮ノ下・小涌谷・二ノ平へも足を運んでみてください。思い出に残るすてきな旅になること間違いなしです。

07. 宮ノ下・小涌谷・二ノ平
アクセス情報

宮ノ下:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下
交通案内:箱根登山鉄道鉄道線 宮ノ下駅下車
小涌谷:神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷
交通案内:箱根登山鉄道鉄道線 小涌谷駅下車
二ノ平:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平
交通案内:箱根登山鉄道 鉄道線 彫刻の森駅下車

宮ノ下
小涌谷
二ノ平

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所