宝山寺
?評価について

奈良 宝山寺
大阪商人の信仰を集めた
神仏習合の寺院

神様と仏様を祀る
宝山寺の歴史

参道(宝山寺)

参道

宝山寺は、もともと大和時代に役小角(えんのおづの)が開いた山岳修行の道場であったと伝えられています。弘法大師空海が修業に訪れていたという伝説も残っており、生駒山自体も人々の信仰を集めていました。

江戸時代初期、湛海律師(じんかいりっし)という僧侶がここに不動明王と聖天(歓喜天)を祀り寺院を建立します。これが、実質的な宝山寺の始まりです。湛海律師は、生駒山山中で厳しい修業を続けながら堂宇を増やし続け、十数年後には現在のような伽藍を完成させました。

生駒山中で修業に励む湛海律師のうわさは、やがて京都や大阪にまで広がります。時の関白、近衛家熈(このえいえひろ)が湛海律師の祈祷を受けて病気が治ったのをきっかけに、皇室や徳川将軍家からの信仰も集めるようになりました。また、京都の住友家(現、住友グループ)が宝山寺を信仰し始めたことにより、大阪や京都の商人たちもそれにならって宝山寺へ参拝するようになったということです。

人々の信仰は明治時代になっても変わらず、1918年(大正7年)には寺院参拝のために日本最初のケーブルカーが設置されました。このケーブルカーは今でも現役です。寺院周辺には門前町が形成され、昭和の中頃まで大変な賑わいを誇っていました。神様と仏様を両方お祀りする神仏習合の寺院として、現在も参拝客が途切れることはありません。

参拝者が絶えない
宝山寺の魅力

宝山寺は、現在でも年間約300万人もの方が参拝に訪れます。この項では、そんな宝山寺の魅力をご紹介しましょう。

様々な神仏が祀られている境内

奥の院 参道(宝山寺)

奥の院 参道

生駒山は昔から霊山として崇められており、多くの修験者が修行の場としていました。宝山寺は、真言宗の寺院でありながら境内には様々な神様や仏様が祀られており、その雰囲気は独特です。

平安時代末期頃になると、神道の神々は仏教の仏が化身した姿であるという本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)が唱えられます。そのため、明治時代に神仏分離令が発布されるまでは寺院に神様が祀られていたり、逆に神社に仏像が祀られていたりしていました。

宝山寺の入り口には鳥居があり、仏である不動明王と仏教の守護神である聖天(大歓喜天)が一緒にお祀りされています。境内をじっくり見て回れば、いろいろな神様や仏様を見つけることができるでしょう。

境内や門前町から臨む絶景

境内からの眺望(宝山寺)

境内からの眺望

宝山寺境内前の門前町や境内の最奥に位置する奥の院からは、麓の町が一望できます。また、夜には夜景を楽しむことができ、ロマンチックなデートスポットとしても人気です。宝山寺の拝観は16時までとなっていますが、門前町には飲食店も多く、食事をしながら夜景を眺めることができます。

参道や境内の自然

金剛殿(宝山寺)

自然に囲まれた境内(金剛殿)

宝山寺は生駒山に抱かれるようにして建っているため、境内には樹木が豊富です。中でも桜の季節は、参道の桜並木が美しく、それを目当てに大勢の参拝客が訪れます。夏は深緑が目にまぶしく、奥の院まで歩けば手軽に山歩き気分を楽しめるのでおすすめです。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所