土肥金山(西伊豆)
?評価について

土肥金山
砂金採り体験もできる
アミューズメントパーク

土肥金山は、土肥にある全国2位の金産出量を誇っていた金山です。1965年に金の産出量の低下を理由に閉山された後、アミューズメントパークとして再出発しました。観光坑道とともに、金山の歴史や採掘された金鉱石などを展示している施設・砂金採りが体験できる施設があります。今回は、土肥金山の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 土肥金山の
歴史と現状とは

土肥金山は実際に採掘がおこなわれていた鉱山です。ここでは金山の歴史や現状をご紹介します。

土肥金山の歴史とは

土肥金山は、1370年代から金の採掘が始まった歴史ある鉱山です。江戸幕府が開かれると徳川家康は伊豆地方の金山開発に力を入れ、土肥金山も隆盛を極めました。しかし、1620年頃から金の採掘量が減少し、1625年には休山になります。

土肥金山の採掘が再び始まったのは、明治時代のことです。その後、1965年に閉山するまで産出した金は40トン、銀は400トンに上ります。これは、佐渡金山に次ぐ全国第2位の量です。

土肥金山の現状とは

金山としての役割を終えた後、土肥金山はアミューズメントパークとして1972年に再オープンしました。現在では、実際に使われた坑道の一部を観光坑道として整備し、一般に公開しています。

その他にも、金塊をはじめとする土肥金山の資料や産出品を展示する施設や砂金採りが体験できる施設もあり、金山のことをいろいろ学べる場所です。お食事処やお土産屋さんもあります。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所