南禅寺三門
?評価について

京都 南禅寺三門(山門)
日本三大門の一つに数えられる
壮大な門

京都を代表する寺院の一つ南禅寺。境内の敷地面積は4万5千坪もあり、日本の禅寺の中で最も高い格式を持っています。三門(山門)は法堂へ続く参道の入り口にあり、知恩院三門・東本願寺御影堂門と共に日本三大門の一つです。高さ22mある門は楼上へ上ることができ、京都市内が一望できます。

この記事では、南禅寺三門(山門)の魅力や見どころをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所