光雲寺(哲学の道)
?評価について

京都 光雲寺
名庭師が手がけた
庭園が残る寺院

光雲寺は、哲学の道付近にある南禅寺の塔頭寺院の一つです。徳川秀忠の娘で、御水野尾天皇の中宮になった東福門院和子の菩提寺でもあります。別名を南禅寺・禅センターとも言い、坐禅研修や法話体験もできる場所です。明治から昭和初期に活躍した名庭師7代目小川治兵衛が造った庭が残る寺院としても知られています。

この記事では、光雲寺の歴史や見どころをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所