仁和寺
?評価について

京都 仁和寺
遅咲きの御室桜が美しい
真言宗御室派の総本山

京都市右京区御室、きぬかけの路沿いにある仁和寺(にんなじ)は、真言宗御室派の総本山です。創建当時より皇室との結びつきが強い寺院で、出家後の宇多法王がお住まいになったことから御室御所(おむろごしょ)とも呼ばれ、御室桜と呼ばれる桜の名所しても知られています。明治時代までは皇族が代々の住職を務めており、門跡寺院の代表格となっていました。1994年(平成6年)には世界遺産にも指定されています。

この記事では、仁和寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 平安時代から続く
仁和寺の歴史

境内(仁和寺)

境内

平安時代に建立された仁和寺は、現在まで千年以上の歴史があります。ここでは、その歴史の流れをかいつまんでご紹介しましょう。

創建から室町時代まで

仁和寺は、886年に光孝(こうこう)天皇の発願(天皇が自ら願うこと)によって建立が始まりました。寺院の完成を待たずに天皇が崩御されたたため、次代の宇多(うだ)天皇が寺院建立を引き継ぎます。寺院が完成したのは888年のことです。

宇多天皇は897年に譲位して出家し、法王になった後で仁和寺の1世住職を務めました。これにより寺院は御室御所と呼ばれるようになり、皇族が代々の住職を務める門跡寺院になります。

仁和寺は、鎌倉時代末期まで京都にある門跡寺院の中では最高の格式を持ち、大いに栄えました。しかし、1467年に始まった応仁の乱の戦火により、伽藍の大部分が焼失してしまいます。このとき、かろうじて焼失を免れた本尊の阿弥陀三尊像や什物(じゅうぶつ)・聖典などは真光院という子院に移され、現在まで守られ続けました。

江戸時代から現代まで

江戸時代初期の1634年、仁和寺はようやく復興をはじめます。仁和寺の21世住職である覚深入道親王(かくしんにゅうどうしんおう)は、三代将軍徳川家光から寺院復興の許可を得ました。運よく御所の改築時期と重なったため、紫宸殿(ししんでん)や清涼殿(せいりょうでん)などの建物が寺院に下賜され、1646年に伽藍の復興が完了します。

1863年、第30世住職を務めていた純仁法親王が天皇の勅命によって還俗し、仁和寺は門跡寺院としての役目を終えました。1887年(明治20年)には火災によって伽藍の一部が焼失しますが、大正時代に再建されます。

昭和に入ると仁和寺は真言宗御室派の総本山になり、1994年(平成6年)には世界遺産に認定されました。現在では、京都を代表する寺院の一つとなり、参拝客がとぎれることのない人気スポットとなっています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所