?評価について

京都 万寿寺
京都五山の一つだった
非公開の塔頭寺院

万寿院は東福寺境内に建てられた塔頭寺院の一つで、かつては京都五山第五位の寺院として栄えていました。そのため、他の塔頭寺院と比べ山門などの建物が立派です。現在は非公開のため境内を見学することはできませんが、御朱印はいただけます。

この記事では、万寿寺の歴史をご紹介しましょう。

01. 天皇が建立した
寺院の歴史

万寿寺は、1096年に後白河法皇が皇女、郁芳門院の菩提を弔うために建立した六条御堂が前身の寺院です。鎌倉時代に臨済宗の寺院へと改修され、名を万寿寺と改めました。開山は1261年と伝えられています。

室町時代、万寿寺は京都五山第五位に任ぜられて大いに栄えましたが、1434年に発生した火災のために衰退しました。天正年間に東福寺の塔頭寺院だった三聖寺の隣へ移転し、明治時代に三聖寺と合併します。これにより、万寿寺は東福寺の塔頭寺院となりました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所