マザー牧場
?評価について

マザー牧場
広大な自然の中で可愛い動物と
触れ合う癒し時間

大な敷地の牧場で動物たちとふれ合うことができるマザー牧場。エンターテインメント・ファームとして多くの観光客に人気です。たくさんの自然を感じることができるため、心も体もリフレッシュしたい人に最適!お子様連れにもおすすめのスポットとなっています。この記事では、そんなマザー牧場の魅力や楽しみ方・おすすめのアミューズメント・お得なクーポン情報などをまとめてご紹介しましょう。

この記事を読めばマザー牧場に行ってみたくなること間違いありません!

01. マザー牧場は
こんなところ!

マザー牧場に行ってみたい人のために、まずはその歴史や行き方・営業時間などをご紹介します。

関東の観光スポットとして有名な「牧場のテーマパーク」

マザー牧場は首都圏から車で1時間半ほどのところにある牧場のテーマパークです。250ヘクタールという広い園内には牛や馬・やぎなどの牧畜が飼育されているほか、遊園地や果物狩りが楽しめるスペースも。長期滞在も可能な宿泊コテージがあるため、遠方からの観光客にも人気のスポットとなっています。

マザー牧場の由来は?

マザー牧場を作ったのは、産経新聞や東京タワーを創業した前田久吉氏。大阪の郊外にあった前田氏の生家は貧しい農家でした。お母さんがいつも「家にも牛が一頭いたら、暮らしもずっと楽になるのに」と言っていたそうです。大人になっても前田氏はこのことが忘れられず、今は亡きお母さんに捧(ささ)げる牧場という気持ちをこめて「マザー牧場」と名付けました。

車イスでも安心!

場内の散策道はほとんどが舗装されており、車イスの走行にも支障がありません。無料で車イスのレンタルも行っており、障害者用トイレも9箇所に設置しているため、安心して楽しむことができるでしょう。また、レストランでは車イスのままジンギスカン料理を食べることもできます。

アクセス方法は?

マザー牧場に行くには、車がおすすめです。東京駅から1時間半程度で到着します。2014年にアクアラインの「ETC料金800円」が10年延長されたため、大変お得です。電車で行く場合は、東京駅からJR京葉線で曽我駅へ行き、さらにJR内房線に乗り佐貫町駅まで行きましょう。そこからバスに乗ると到着です。東京駅を出発してからマザー牧場に到着するまでは2時間ほどかかります。

営業時間と料金

マザー牧場の営業時間は以下のとおりです。

  • 2~11月:土日祝 9:00~17:00 平日 9:30~16:30
  • 12~1月:土日祝 9:30~16:00 平日 10:00~16:00

春休み・夏休み・年末年始は土日祝の営業時間になります。入場料金は、中学生以上の大人が1,500円、4歳~小学6年生までの小人が800円です。そのほか、駐車料金が900円かかります。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所