MoBS黒船ミュージアム
?評価について

MoBS黒船ミュージアム
了仙寺内にオープンした
下田の新名所

MoBS黒船ミュージアムは下田市、了仙寺の敷地内に2016年元旦にオープンしました。仙了寺が所蔵する黒船・開国の実物資料を展示するミュージアムです。了仙寺は日米和親条約の付帯協定である下田条約が調印された場所。ペリー提督もこの寺院を訪れています。

今回は、MoBS黒船ミュージアムの特徴や見どころ・魅力などをご紹介しましょう。

01. 黒船・開国の
資料を数多く展示

1854年に下田港が開港されると、了仙寺は米国人の休憩所として開放されました。その縁で了仙寺には、3,000点を超える黒船や開国に関する絵画や資料が所蔵されています。教科書に掲載されているペリーや黒船に関する絵の多くが、了仙寺提供のものです。

MoBS黒船ミュージアムでは、それらの貴重な資料を定期的に入れ換えながら常設展示しています。テレビや教科書などで見たことのある絵の実物を見ることができるかもしれません。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所