青蓮院門跡
?評価について

京都 青蓮院門跡
皇室との結びつきが強い
格式の高い寺院

京都東山区にある青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)は、天台宗の寺院です。1万坪の敷地を持つ大変格式が高い寺院で、京都三門跡・京都五箇室門跡の両方に数えられています。代々皇室や摂関家出身の僧侶が住職を務めており、現在の住職も旧皇族の家柄です。江戸時代には後桜町上皇の仮御所が置かれたため、粟田御所という別名もあります。

この記事では、青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 比叡山が発祥の
青蓮院門跡の歴史

境内(青蓮院門跡)

境内

青蓮院門跡は、比叡山延暦寺の境内にあった房と呼ばれる小寺院が起源といわれています。最澄をはじめとして慈覚大師など高名な僧侶の住居であったため、房の代表格でした。

平安時代末期、鳥羽上皇の皇后が青蓮院を祈願所としたことで寺格が上がり始めます。鳥羽上皇の第七皇子が寺院の第十二代住職である行玄大僧正に弟子入りしたことにより、門跡寺院となりました。門跡とは、皇族や公家が住職を務める寺院の総称です。鳥羽上皇は院の御所に準じて京都に建物を建立させ、青蓮院と称します。

平安末期から鎌倉時代にかけて青蓮院は隆盛を極め、愚管抄(ぐかんしょう)を著した慈円(じえん)など高僧を輩出しました。慈円は浄土宗の開祖法然上人や浄土真宗の開祖である親鸞(しんらん)上人を比叡山の弾圧からかくまったため、現在でも寺院は浄土宗・浄土真宗の聖地とされています。そのため、室町時代に浄土真宗、中興の祖である蓮如(れんにょ)上人は青蓮院で得度して出家しました。

1788年、京都御所が火災によって焼失してしまったため、後桜町法王はここを仮御所とします。これにより、寺院には粟田御所という別名が付けられました。

現在も青蓮院は広大な敷地を有し、国宝の青不動明王をはじめとする多くの寺宝を所蔵しています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所