阿弥陀寺

京都 阿弥陀寺
年に一度だけ公開される
織田信長の本廟がある寺院

京都市上京区にある阿弥陀寺は、織田信長を輩出した織田家の菩提寺で、織田信長の本廟がある寺院です。本能寺の変で織田信長が打たれた後、当時の住職であった清玉上人(せいぎょくしょうにん)が織田家家臣の遺骸を引き取り供養したと伝えられています。普段は非公開で、本堂と寺宝が公開されるのは毎年6月2日に行われる信長忌の時だけです。

この記事では、阿弥陀寺の歴史や見どころ・アクセス方法などをご紹介しましょう。

01. 苦難を乗り越えた
阿弥陀寺の歴史

石碑(阿弥陀寺)

信長の本廟であることを示す石碑

阿弥陀寺は、1555年、織田信長の命により清玉上人が開いた寺院です。清玉上人は織田家ゆかりの人物で、寺院は創建した当初から織田家の保護を受けていました。

創建当初、寺院は近江坂本(滋賀県大津市)にありましたが、織田信長の上洛と共に京都市の今出川大宮(いまでがわおおみや)に移ります。やがて、13の塔頭寺院(子院)をもつ大寺院となりました。

1582年、本能寺の変が起こります。清玉上人はいち早く本能寺へ駆けつけ、織田信長や織田家家臣の遺骸を寺院へ持ち帰って供養しました。織田信長の一周忌に、豊臣秀吉は信長の遺骨を引き渡すように要求しましたが、清玉上人はこれを断ります。秀吉は一旦は引き下がりますが、天下人になった後で阿弥陀寺の寺領をほとんど没収し、当時は京都のはずれだった現在地へ移転を命じました。

このような仕打ちを受けながらも、阿弥陀寺は織田信長と織田家ゆかりの品々を守り続け、現在まで続いています。現在は6月2日の信長忌の時だけ本堂と寺宝が公開され、信長ゆかりの寺院として人気です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所