常栄寺(江ノ電鎌倉駅)
?評価について

鎌倉 常栄寺
ぼたもち寺の別名を持つ
小さな寺院

鎌倉市大町にある常栄寺は、日蓮宗のこぢんまりとした寺院です。ぼたもち寺という別名があり、毎年9月12日には参拝者にゴマのぼたもちを振るまうぼたもち供養が行われます。

この記事では、常栄寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 日蓮を救った
常栄寺の歴史

本堂(常栄寺)

本堂

常栄寺が建っている場所には、その昔、桟敷尼(さじきに)と呼ばれる尼僧が住んでいました。一説によると桟敷尼は比企能員夫人の妹で、自身の夫と共に深く日蓮に帰依していたと伝えられています。

桟敷尼は、龍ノ口刑場へ護送される日蓮にゴマのぼた餅を捧げました。処刑が執行されようとした際、桟敷尼が「仏のご加護がありますように」と祈ると江の島方面から光が発せられて処刑の太刀が折れるなどの奇跡が起こったと伝えられています。

常栄寺は紀州徳川家家老、水野重良の娘である日祐尼が1606年に開基し、池上本門寺14世日詔が開山しました。常栄寺の寺号は桟敷尼の法名だった妙常日栄から取られたと伝わっています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所