醍醐寺
?評価について

京都 醍醐寺
国宝・重要文化財が豊富な
世界遺産登録の大寺院

京都市伏見区にある醍醐寺は、真言宗醍醐山派の総本山で、豊臣秀吉が醍醐の花見を行った場所としても有名です。醍醐山を含む境内は約200万坪もあり、京都屈指の大寺院として広く知られています。現在は世界遺産にも指定されており、1年を通じてたくさんの参拝客が訪れる人気の観光スポットです。

この記事では、醍醐寺の魅力や見どころ・歴史・アクセス方法をご紹介します。

01. 平安時代から続く
醍醐寺の歴史

参道(醍醐寺)

参道から西大門を望む

醍醐寺は平安時代に建立され、今日まで多くの人々から信仰を集め続けてきました。この項では、醍醐寺の歴史をかいつまんでご紹介します。

建立から江戸時代まで

醍醐寺は、874年、弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)の孫弟子にあたる理源大師聖宝(りげんだいししょうぼう)によって醍醐山山頂付近に建立されました。これが、現在の上醍醐(かみだいご)です。聖宝自身が皇室出身の僧侶だったため、醍醐寺は皇室からの守護を受けて修験者の霊場として発展しました。

その後、醍醐天皇(だいごてんのう)が醍醐寺を自らの祈願寺(私的にお願い事をする寺)に定め、醍醐山の麓に壮麗な伽藍群を建立します。これが現在の下醍醐(しもだいご)です。

1115年、鎌倉時代初期には醍醐寺第14代座主(住職)の勝覚(しょうかく)が門跡寺院である三宝院を建立し、醍醐寺は京都有数の大寺院になりました。

大いに栄えた醍醐寺ですが、応仁の乱による兵火で下醍醐の伽藍は五重塔を残して焼失し、衰退してしまいます。1598年、豊臣秀吉が醍醐の花見を行ったことがきっかけで復興が始まり、焼失した伽藍の大部分が再建されました。

江戸時代から現代まで

江戸時代、醍醐寺は幕府の許可を得て三宝院に属する修験者(山伏)を当山派と称するようになります。江戸時代の間、醍醐寺は山岳修行の中心として全国から信徒が集まりました。

明治時代に入ると、神仏分離の影響で廃仏毀釈運動が盛んになり、醍醐寺も多くの子院を失います。しかし、幸いにも寺宝などが流出することもなく、醍醐寺自体の伽藍が壊されることはありませんでした。

その後、何度か火災や震災によって伽藍の一部が被害を受けましたが大きく荒廃することなく現在に至ります。1994年(平成6年)には世界遺産に登録されました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所