走水神社
?評価について

横須賀 走水神社
湧き水と砂をいただける
パワースポット

走水神社は横須賀市内、三浦半島の東端の東京湾にほど近い場所にある神社です。歴史は古いものの、近年まで地元の方が参拝する以外はひっそりとした場所でした。しかし、テレビや雑誌でパワースポットとして紹介されると参拝客が増え、今では縁結びや女性らしさを高められる神社として有名な神社となっています。

この記事では、走水神社の由緒や見どころを紹介しましょう。三浦半島を観光される際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

この記事を読めば、走水神社の境内にどのような建物があるのかがわかり、スムーズに観光計画を立てられるようになります。

01. 古事記にも記載あり
走水神社の由緒

走水神社

走水神社

走水神社の正式な縁起は、享保年間(江戸時代中頃)に発生した火災で記録や社宝が消失してしまったので不明です。しかし、日本最古の書物である古事記やその後に編集された日本書紀にすでに走水の地名があることから、神社としての歴史はかなり古いのではないかと推察されています。

一説によると、1世紀頃、この地に日本武尊が訪れて冠を下賜し、これを地元民が岩櫃(いわびつ)に収め、その上に社殿を建てて日本武尊を祀ったそうです。これが、神社の始まりだと言われています。

現在、神社に祀られているのは、日本武尊とその后(きさき)である弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)です。弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)は、もともと旗山崎にある橘神社に単独で祀られていましたが、明治になってその土地が軍用地になったため、走水神社に合祀されました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所