観音埼灯台
?評価について

横須賀 観音埼灯台
パノラマビューが楽しめる
日本最古の洋式灯台

観音埼灯台は、三浦半島の東端に立つ日本初の洋式灯台です。今も機能する洋式灯台としては最も古いものだといわれています。灯台の表札には「観音埼」と「サキ」の字が土へんで表記されていますが、その理由を知っていますか? これは、本来、山へんの崎は山の突出部のことを指し、海洋に突出した陸地のことは「埼」というのが正しいからです。松竹映画「喜びも悲しみも幾歳月(1957年)」のロケ地としても知られ、多くの人が訪れる人気観光地となっています。

この記事では、「日本の灯台50選」にも数えられる観音埼灯台の魅力に迫ってみましょう。

01. 観音埼灯台の
歴史を見てみよう

観音埼灯台の歴史は古く、その始まりは江戸時代までさかのぼります。現在の姿にになるまでどのような歴史をたどってきたのか? 詳しく解説していきます。

建設までの流れ

観音埼灯台

観音埼灯台

観音埼灯台の歴史は、1866年5月、江戸幕府がアメリカ・フランス・イギリス・オランダの4か国と江戸条約を結んだことに始まります。この条約で日本は船が安全に航海できるよう灯台を作る約束をしました。後に、幕府から明治政府に管理が移りが移ったものの灯台建設は継続し、1868年11月1日に建設が始まります。

観音埼灯台を設計したのは当時来日中だったフランス人技師、フランソワ・レオンス・ヴェルニー。彼によって灯台の専門家であるルイ・フェリックス・フロランが招かれ建設が行われました。観音埼灯台が点灯したのは、1869年2月1日のことです。

地震による損傷~再建

1922年4月26日の浦賀水道地震で、観音埼灯台は致命的な損傷を受けました。しかしながら、この灯台は東京湾の入り口に立つ大切な灯火。すぐに計画が練られ、1923年3月15日、コンクリート造の2代目が再建されました。

二度目の再建~その後

再建されたのも束の間、1923年9月1日の関東大震災で観音埼灯台は再び倒壊。2年後の1925年6月1日に白色コンクリート造の3代目が再建されました。現在の観音埼灯台はこのときに造られたものです。

それから時は流れ、1949年に海上保安庁が「灯台記念日」を制定し、観音埼灯台が起工された11月1日を記念日と定めます。1998年11月1日(第50回灯台記念日)のイベントでは、海上保安庁が一般投票を呼びかけた「あなたが選ぶ日本の灯台50選」に観音埼灯台が選ばれました。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所